1.9. サーバーグループについて

サーバーグループは、一体として管理および設定される複数のサーバーインスタンスのことです。管理対象ドメインでは、アプリケーションサーバーインスタンスはすべてサーバーグループに属します。グループのサーバーインスタンスは同じプロファイル設定とデプロイ済みコンテンツを共有します。ドメインコントローラーとホストコントローラーは、ドメインの各サーバーグループのサーバーインスタンスすべてに標準の設定を適用します。異なるサーバーグループには異なるプロファイルやデプロイメントを設定できます (例えば、異なるサービスを提供する異なるサーバーの階層を持つドメインなど)。また、異なるサーバーグループが同じプロファイルやデプロイメントを持つこともできます (例えば、最初に 1 つ目のサーバーグループのアプリケーションをアップグレードし、次に 2 つ目のサーバーグループをアップグレードすることで、完全なサービスの停止を回避するアプリケーションのローリングアップグレードなど)。
以下はサーバーグループ定義の例になります。
     
<server-group name="main-server-group" profile="default">
 <socket-binding-group ref="standard-sockets"/>
  <deployments>
   <deployment name="foo.war_v1" runtime-name="foo.war"/>
   <deployment name="bar.ear" runtime-name="bar.ear"/>
  </deployments>
</server-group>

サーバーグループに含まれる必須の属性は次のとおりです。
  • name: サーバーグループの名前。
  • profile: サーバーグループのプロファイルの名前。
サーバーグループに含まれる任意の属性は次のとおりです。
  • socket-binding-group: グループのサーバーに対して使用されるデフォルトのソケットバインディンググループの名前。この名前は host.xml でサーバーごとに上書きできます。socket-binding-group 名が server-group 要素に指定されていない場合、host.xml の各サーバーに対して指定する必要があります。
  • deployments: グループのサーバー上にデプロイするデプロイメントコンテンツ。
  • system-properties: グループのサーバーに設定するシステムプロパティー。
  • jvm: グループの全サーバーに対するデフォルトの jvm 設定。ホストコントローラーはこれらの設定を host.xml の他の設定とマージし、サーバーの JVM を開始するために使用される設定を作成します。