6.4. XA データソース

6.4.1. 管理インターフェースによる XA データソースの作成

概要

ここでは、管理コンソールまたは管理 CLI のいずれかを使用して XA データソースを作成する手順について取り上げます。

注記

バージョン 10.2 以前の Oracle データソースでは非トランザクション接続とトランザクション接続が混在するとエラーが発生したため、<no-tx-separate-pools/> パラメーターが必要でした。一部のアプリケーションでは、このパラメーターが必要ではなくなりました。

手順6.7 管理 CLI または管理コンソールのいずれかを使用した XA データソースの作成

    • 管理 CLI

      1. 以下のコマンドを実行して XA データソースを作成し、適切に変数を設定します。
        xa-data-source add --name=XA_DATASOURCE_NAME --jndi-name=JNDI_NAME --driver-name=DRIVER_NAME --xa-datasource-class=XA_DATASOURCE_CLASS
      2. XA データソースプロパティーの設定

        1. サーバー名の設定

          次のコマンドを実行し、ホストのサーバー名を設定します。
          /subsystem=datasources/xa-data-source=XA_DATASOURCE_NAME/xa-datasource-properties=ServerName:add(value=HOSTNAME)
        2. データベース名の設定

          次のコマンドを実行し、データベース名を設定します。
          /subsystem=datasources/xa-data-source=XA_DATASOURCE_NAME/xa-datasource-properties=DatabaseName:add(value=DATABASE_NAME)
      3. データソースを有効にします。
        xa-data-source enable --name=XA_DATASOURCE_NAME
    • 管理コンソール

      1. 管理コンソールの Datasources パネルに移動します。

          • スタンドアロンモード

            コンソールの右上より Profile タブを選択します。
          • ドメインモード

            1. コンソールの右上より Profiles タブを選択します。
            2. 左上のドロップダウンボックスより該当するプロファイルを選択します。
            3. コンソールの左側にある Subsystems メニューを展開します。
        1. コンソールの左側にあるメニューより ConnectorDatasources と選択します。
        データソースパネル

        図6.4 データソースパネル

      2. XA Datasource パネルを選択します。
      3. 新しい XA データソースの作成

        1. XA Datasource パネルの上にある Add ボタンを選択します。
        2. Create XA Datasource ウィザードに新しい XA データソースの属性を入力し、Next ボタンを押します。
        3. Create XA Datasource ウィザードに JDBC ドライバーの詳細を入力し、Next ボタンを押します。
        4. XA プロパティーを編集し、Next ボタンを押します。
        5. Create XA Datasource ウィザードに接続設定を入力し、Done ボタンを押します。
結果

XA データソースがサーバーに追加されます。追加内容は standalone.xml または domain.xml ファイルのどちらかと、管理インターフェースで確認することができます。