6.2. JDBC ドライバー

6.2.1. 管理コンソールで JDBC ドライバーをインストール

概要

アプリケーションが JDBC データソースに接続する前に、データソースベンダーの JDBC ドライバーを JBoss Enterprise Application Platform が使用できる場所にインストールする必要があります。JBoss Enterprise Application サーバーを用いると、これらのドライバーを他のデプロイメントと同じようにデプロイできます。そのため、管理対象ドメインを使用する場合、サーバーグループ内の複数のサーバーに渡ってドライバーをデプロイできます。

注記

JDBC ドライバーをインストールする場合、コアモジュールとしてインストールする方法が推奨されます。JDBC ドライバーをコアモジュールとしてインストールするには、「コアモジュールとしての JDBC ドライバーのインストール」 を参照してください。
要件

このタスクを実行する前に、以下の前提条件を満たしている必要があります。

  • データベースベンダーから JDBC ドライバーをダウンロードします。

手順6.1 JDBC ドライバーのデプロイ

  1. 管理コンソールへのアクセス

  2. JAR ファイルをサーバーあるいはサーバーグループにデプロイします。

    管理対象ドメインを使用する場合は、JAR ファイルをサーバーグループにデプロイします。使用しない場合はサーバーにデプロイします。「管理コンソールを使用したアプリケーションのデプロイ」 を参照してください。
結果

JDBC ドライバーがデプロイされ、アプリケーションが使用できるようになります。