19.3.4. スレッドプールの編集

管理コンソールと CLI を使用すると、JBoss の管理者によるスレッドプールの編集が可能になります。

手順19.13 管理コンソールを使用したスレッドプールの編集

  1. ログイン

    管理コンソールへログインします。
  2. EJB3 スレッドプールタブへの移動

    右上の Profile をクリックし、左側の Profile パネルの Container 項目を展開して、EJB 3 を選択します。次に、メインパネルから Thread Pools タブを選択します。
    EJB3 スレッドプールタブ

    図19.8 EJB3 スレッドプールタブ

  3. 編集するスレッドプールの選択

    一覧より編集するスレッドプールを選択します。
  4. Edit ボタンのクリック

    Details エリアのフィールドが編集可能になります。
  5. 詳細の編集

    変更したい詳細を編集します。Thread FactoryMax ThreadsKeepalive TimeoutKeepalive Timeout Unit の値のみが編集可能です。
  6. 保存またはキャンセル

    変更を保存するには Save ボタンをクリックします。変更を破棄するには Cancel リンクをクリックします。

手順19.14 CLI を使用したスレッドプールの編集

  1. CLI ツールを起動し、サーバーに接続します。「管理 CLI を使用した管理対象サーバーインスタンスへの接続」を参照してください。
  2. スレッドプールの各属性を変更するために、次の構文で write-attribute 操作を使用します。
    /subsystem=ejb3/thread-pool=THREADPOOLNAME:write-attribute(name="ATTRIBUTE", value="VALUE")
    • THREADPOOLNAME をスレッドプールの名前に置き換えます。
    • ATTRIBUTE を、編集する属性の名前に置き換えます。このように編集できる属性は、keepalive-timemax-threads、および thread-factory です。
    • VALUE を属性の必要な値に置き換えます。
  3. read-resource 操作を使用して、スレッドプールへの変更を確認します。
    /subsystem=ejb3/thread-pool=THREADPOOLNAME:read-resource

重要

keepalive-time 属性の値を CLI で変更する場合、必要な値はオブジェクト表現です。構文は次のとおりです。
/subsystem=ejb3/thread-pool=THREADPOOLNAME:write-attribute(name="keepalive-time", value={"time" => "VALUE","unit" => "UNIT"}

例19.10 CLI を使用したスレッドプールの最大値の設定

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=ejb3/thread-pool=HSThreads:write-attribute(name="max-threads", value="50")
{"outcome" => "success"}
[standalone@localhost:9999 /]

例19.11 CLI を使用したスレッドプールの keepalive-time 時間値の設定

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=ejb3/thread-pool=HSThreads:write-attribute(name="keepalive-time", value={"time"=>"150"})
{"outcome" => "success"}
[standalone@localhost:9999 /]