7.2. すべてのデプロイメントに対してサブデプロイメントモジュール隔離を無効化

このタスクでは、サーバー管理者がアプリケーションサーバーでサブデプロイメントモジュールの隔離を無効化する方法を説明します。これにより、すべてのデプロイメントが影響を受けます。

警告

このタスクでは、サーバーの XML 設定ファイルを編集する必要があります。この作業を行う前に、サーバーを停止する必要があります。最終リリースの監理ツールでは、このような設定がサポートされるようになるため、これは一時的な措置になります。
  1. サーバーを停止する

    JBoss Enterprise Application Platform サーバーを停止します。
  2. サーバー設定ファイルを開く

    サーバー設定ファイルをテキストエディターで開きます。
    このファイルは、管理対象ドメインまたはスタンドアロンサーバーによって異なります。また、デフォルト以外の場所とファイル名が使用されることがあります。デフォルトの設定ファイルは、 domain/configuration/domain.xml (管理対象ドメインの場合) と standalone/configuration/standalone.xml (スタンドアロンサーバー) です。
  3. EE サブシステム設定を特定する

    設定ファイルの EE サブシステム設定要素を特定します。設定ファイルの <profile> 要素には、複数のサブシステム要素が含まれます。EE サブシステム要素には urn:jboss:domain:ee:1.0 のネームスペースがあります。
    <profile>
    
       ...
    
       <subsystem xmlns="urn:jboss:domain:ee:1.0" />
    
       ...
    デフォルト設定には単一の自己終了タグがありますが、カスタム設定は、以下のような個別の開始タグと終了タグ (タグ間に別の要素が含まれることがあります) を持つことがあります。
    <subsystem xmlns="urn:jboss:domain:ee:1.0" ></subsystem>
  4. 自己終了タグを置き換える (必要な場合)

    EE サブシステム要素が単一の自己終了タグである場合は、以下のように適切な開始タグと終了タグで置き換えます。
    <subsystem xmlns="urn:jboss:domain:ee:1.0" ></subsystem>
  5. ear-subdeployments-isolated 要素を追加する

    以下のように、ear-subdeployments-isolated 要素を EE サブシステム要素の子として追加し、false の内容を追加します。
    <subsystem xmlns="urn:jboss:domain:ee:1.0" ><ear-subdeployments-isolated>false</ear-subdeployments-isolated></subsystem>
  6. サーバーを起動する

    JBoss Enterprise Application Platform サーバーを再起動し、新しい設定で実行します。
結果

サーバーが、すべてのデプロイメントに対して、サブデプロイメントモジュールの隔離が無効化された状態で実行されます。