19.2.2. Bean プールの作成

管理コンソールと CLI ツールを使用すると Bean プールを作成できます。
Bean プールは、テキストエディターを用いて必要な Bean プール設定をサーバー設定ファイルに追加して作成することもできます。例19.2「XML 設定の例」 は設定例になります。

手順19.1 管理コンソールを使用した Bean プールの作成

  1. 管理コンソールへログインします。「管理コンソールへログイン」 を参照してください。
  2. EJB3 Bean Pools パネルへ移動します。
    EJB3 Bean プールパネル

    図19.2 EJB3 Bean プールパネル

  3. Add ボタンをクリックすると、Add EJB3 Bean Pools ダイアログが表示されます。
  4. 必要な詳細、NameMax Pool SizeTimeout の値と、Timeout の単位を指定します。
  5. Save ボタンをクリックして新しい Bean プールを追加するか、 Cancel リンクをクリックして取り消します。
    • Save ボタンをクリックすると、ダイアログが閉じられ、新しい Bean プールが一覧に表示されます。
    • Cancel をクリックするとダイアログが閉じられ、新しい Bean プールは作成されません。

手順19.2 CLI を使用した Bean プールの作成

  1. CLI ツールを起動し、サーバーに接続します。「管理 CLI を使用した管理対象サーバーインスタンスへの接続」を参照してください。
  2. 次の構文で add 操作を使用します。
    /subsystem=ejb3/strict-max-bean-instance-pool=BEANPOOLNAME:add(max-pool-size=MAXSIZE, timeout=TIMEOUT, timeout-unit="UNIT")
    • BEANPOOLNAME を Bean プールの必要な名前に置き換えます。
    • MAXSIZE を Bean プールの最大サイズに置き換えます。
    • TIMEOUT の置き換え
    • UNIT を必要な時間単位に置き換えます。使用可能な値は NANOSECONDSMICROSECONDSMILLISECONDSSECONDSMINUTES, HOURSDAYS です。
  3. read-resource 操作を使用して Bean プールの作成を確認します。
    /subsystem=ejb3/strict-max-bean-instance-pool=BEANPOOLNAME:read-resource

例19.1 CLI を使用した Bean プールの作成

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=ejb3/strict-max-bean-instance-pool=ACCTS_BEAN_POOL:add(max-pool-size=500, timeout=5000, timeout-unit="SECONDS")  
{"outcome" => "success"}
[standalone@localhost:9999 /]

例19.2 XML 設定の例

<subsystem xmlns="urn:jboss:domain:ejb3:1.2">

   <pools>

      <bean-instance-pools>

         <strict-max-pool  name="slsb-strict-max-pool" max-pool-size="20" 
            instance-acquisition-timeout="5" 
            instance-acquisition-timeout-unit="MINUTES" />

         <strict-max-pool name="mdb-strict-max-pool" max-pool-size="20" 
            instance-acquisition-timeout="5" 
            instance-acquisition-timeout-unit="MINUTES" />

      </bean-instance-pools>

   </pools>

</subsystem>