9.6. JBoss Enterprise Application Platform でデプロイされたアプリケーションの順序を制御

JBoss Enterprise Application Platform 6 では、サーバー起動時にアプリケーションのデプロイメント順序を細かく制御することができます。複数の ear ファイルに存在するアプリケーションのデプロイメント順序を厳密に有効化するだけでなく、再起動後も順序を維持することが可能です。

手順9.13 EAP 6.0.X におけるデプロイメント順序の制御

  1. サーバーの起動または停止時に、順番にアプリケーションをデプロイおよびアンデプロイする CLI スクリプトを作成します。
  2. CLI はバッチモードの概念をサポートします。バッチモードでは、コマンドや操作をグループ化でき、グループ化したコマンドや操作をアトミックユニットとして一緒に実行できます。1 つ以上のコマンドや操作が失敗すると、正常に実行された他のコマンドや操作はロールバックされます。

手順9.14 EAP 6.1.X におけるデプロイメント順序の制御

Inter Deployment Dependencies (デプロイメント間依存関係) と呼ばれる EAP 6.1.X の新機能を使用すると、トップレベルのデプロイメント間の依存関係を宣言できます。
  1. jboss-all.xml ファイルがない場合は、app.ear/META-INF フォルダーに作成します。app.ear はアプリケーションアーカイブで、このアーカイブの前にデプロイされる他のアプリケーションアーカイブに依存します。
  2. 次のように、このファイルに jboss-deployment-dependencies エントリーを作成します。下記では、framework.ear は依存されるアプリケーションアーカイブで、app.ear アプリケーションアーカイブの前にデプロイする必要があります。
    <jboss umlns="urn:jboss:1.0">
      <jboss-deployment-dependencies xmlns="urn:jboss:deployment-dependencies:1.0">
        <dependency name="framework.ear" />
      </jboss-deployment-dependencies>
    </jboss>