10.3. セキュリティーサブシステムの設定

セキュリティーサブシステムの設定には、管理 CLI または Web ベースの管理コンソールを使用することができます。
セキュリティーサブシステム内の各トップレベル要素には、セキュリティー設定の異なる情報が含まれています。セキュリティーサブシステムの設定例は 「セキュリティーサブシステムの構造について」 を参照してください。
<security-management>
このセクションはセキュリティーサブシステムのハイレベルの挙動を上書きします。各設定は任意です。ディープコピーサブジェクトモード以外で、これらの設定を変更することはほとんどありません。
オプション 説明
deep-copy-subject-mode
スレッドの安全性を高めるため、セキュリティートークンへコピーまたはリンクするかどうかを指定します。
authentication-manager-class-name
使用する代替の AuthenticationManager 実装クラス名を指定します。
default-callback-handler-class-name
ログインモジュールで使用される CallbackHandler 実装のグローバルクラス名を指定します。
authorization-manager-class-name
使用する代替の AuthorizationManager 実装クラス名を指定します。
audit-manager-class-name
使用する代替の AuditManager 実装クラス名を指定します。
identity-trust-manager-class-name
使用する代替の IdentityTrustManager 実装クラス名を指定します。
mapping-manager-class-name
使用する MappingManager 実装クラス名を指定します。
<subject-factory>
サブジェクトファクトリはサブジェクトインスタンスの作成を制御します。呼び出し側を検証するため、認証マネージャーを使用することがあります。サブジェクトファクトリは、主に JCA コンポーネントがサブジェクトを確立するために使用されます。サブジェクトファクトリを変更する必要はあまりありません。
<security-domains>
複数のセキュリティードメインを保持するコンテナ要素です。セキュリティードメインには認証、承認、マッピング、監査モジュール、JASPI 認証、および JSSE 設定の情報が含まれることがあります。アプリケーションはセキュリティードメインを指定してセキュリティー情報を管理します。
<security-properties>
java.security.Security クラスに設定されるプロパティーの名前と値が含まれます。