16.8.2. Microsoft IIS が ISAPI リダイレクターを使用するよう設定

要件

  • 必ずサポートされるオペレーティングシステムを使用し、IIS サーバーをインストールしてください。サポートされる設定の一覧は https://access.redhat.com/site/articles/111663 を参照してください。
  • Microsoft Windows 向けの JBoss ネイティブコンポーネントパッケージをカスタマーサポートポータル (https://access.redhat.com) からダウンロードします。ダウンロードJBoss Enterprise MiddlewareApplication Platform の順に移動します。 i386 または x86_64 を選択します。ファイルを解凍します。このファイルには jboss-eap-6.0/modules/native/sbin/ ディレクトリの ISAPI リダイレクト DLL が含まれます。
    ネイティブコンポーネント zip ファイルを展開し、sbin\ ディレクトリの内容をサーバー上にコピーします。残りのタスクでは C:\connectors\ の使用を前提にします。

手順16.10 IIS マネージャー (IIS 7) を使用した IIS リダイレクターの設定

  1. StartRun をクリックし、inetmgr と入力して、IIS マネージャーを開きます。
  2. 左側のツリービューペインで、IIS 7 を展開します。
  3. ISAPI and CGI Registrations をダブルクリックして新しいウィンドウで開きます。
  4. Actions ペインで、Add をクリックします。Add ISAPI or CGI Restriction ウィンドウが開きます。
  5. 以下の値を指定します。
    • ISAPI or CGI Path: c:\connectors\sbin\isapi_redirect.dll
    • Description: jboss
    • Allow extension path to execute: チェックボックスを選択します。
  6. OK をクリックして Add ISAPI or CGI Restriction ウィンドウを閉じます。
  7. JBoss ネイティブ仮想ディレクトリーを開く

    1. Default Web Site を右クリックし、Add Virtual Directory をクリックします。Add Virtual Directory ウィンドウが開きます。
    2. 以下の値を指定して仮想ディレクトリーを追加します。
      • Alias: jboss
      • Physical Path: C:\connectors\
    3. OK をクリックして値を保存し、Add Virtual Directory ウィンドウを閉じます。
  8. JBoss ネイティブ ISAPI リダイレクトフィルター

    1. ツリービューペインで、SitesDefault Web Site を展開します。
    2. ISAPI Filters ダブルクリックします。ISAPI Filters Features ビューが表示されます。
    3. Actions ペインで、Add をクリックします。Add ISAPI Filter ウィンドウが表示されます。
    4. Add ISAPI Filter ウィンドウで以下の値を指定します。
      • Filter name: jboss
      • Executable: C:\connectors\sbin\isapi_redirect.dll
    5. OK をクリックして値を保存し、Add ISAPI Filters ウィンドウを閉じます。
  9. ISAPI-dll ハンドラーを有効にする

    1. ツリービューペインで、IIS 7 アイテムをダブルクリックします。IIS 7 Home Features View が開きます。
    2. Handler Mappings をダブルクリックします。Handler Mappings Features View が表示されます。
    3. Group by コンボボックスで、State を選択します。Handler MappingsEnabled and Disabled Groups に表示されます。
    4. ISAPI-dll を見つけます。Disabled グループにある場合は、右クリックし、Edit Feature Permissions を選択します。
    5. 以下のパーミッションを有効にします。
      • 読み取り
      • スクリプト
      • 実行
    6. OK をクリックして値を保存し、Edit Feature Permissions ウィンドウを閉じます。