13.3.6. CLI でのサイズログハンドラーの設定

サイズローテーションファイルログハンドラーは、CLI で追加、削除、および編集できます。
サイズローテーションファイルログハンドラーを設定するために実行するタスクは以下のとおりです。
  • 新しいログハンドラーを追加します。
  • ログハンドラーの設定を表示します。
  • ハンドラーのログレベルを設定します。
  • ハンドラーの追加動作を設定します。
  • ハンドラーが自動フラッシュを使用するかどうかを設定します。
  • ハンドラーの出力に使用されるエンコーディングを設定します。
  • ログハンドラーが書き込むファイルを指定します。
  • ハンドラーの出力に使用されるフォーマッターを設定します。
  • 各ログファイルの最大サイズの設定
  • 保持するバックアップログの最大数の設定
  • ログハンドラーを削除します。
これらの各タスクについては以下で説明されています。

重要

ログハンドラーをロギングプロファイルに設定する場合、設定パスのルートは /subsystem=logging/ ではなく /subsystem=logging/logging-profile=NAME/ になります。
新しいログハンドラーの追加
次の構文で add 操作を使用します。
 /subsystem=logging/size-rotating-file-handler=HANDLER:add(file={"path"=>"PATH", "relative-to"=>"DIR"}) 
HANDLER をログハンドラーの名前に置き換えます。PATH をログが書き込まれるファイルのファイル名に置き換えます。DIR をファイルが存在するディレクトリーの名前に置き換えます。DIR の値をパス変数に指定できます。

例13.39 新しいログハンドラーの追加

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/size-rotating-file-handler=ACCOUNTS_TRACE:add(file={"path"=>"accounts_trace.log", "relative-to"=>"jboss.server.log.dir"}) 
{"outcome" => "success"}
[standalone@localhost:9999 /]
ログハンドラーの設定を表示します。
次の構文で read-resource 操作を使用します。
 /subsystem=logging/size-rotating-file-handler=HANDLER:read-resource 
HANDLER をログハンドラーの名前に置き換えます。

例13.40 ログハンドラーの設定を表示します。

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/size-rotating-file-handler=ACCOUNTS_TRACE:read-resource
{
    "outcome" => "success",
    "result" => {
        "append" => true,
        "autoflush" => true,
        "encoding" => undefined,
        "file" => {
            "path" => "accounts_trace.log",
            "relative-to" => "jboss.server.log.dir"
        },
        "filter" => undefined,
        "formatter" => "%d{HH:mm:ss,SSS} %-5p [%c] (%t) %s%E%n",
        "level" => undefined,
        "max-backup-index" => 1,
        "rotate-size" => "2m"
    }
}
[standalone@localhost:9999 /]
ハンドラーのログレベルの設定
次の構文で change-log-level 操作を使用します。
 /subsystem=logging/size-rotating-file-handler=HANDLER:change-log-level(level="LEVEL") 
HANDLER をログハンドラーの名前に置き換えます。LEVEL を、設定するログレベルに置き換えます。

例13.41 ハンドラーのログレベルの設定

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/size-rotating-file-handler=ACCOUNTS_TRACE:change-log-level(level="TRACE")
{"outcome" => "success"}
[standalone@localhost:9999 /]
ハンドラーの追加動作の設定
次の構文で write-attribute 操作を使用します。
 /subsystem=logging/size-rotating-file-handler=HANDLER:write-attribute(name="append", value="BOOLEAN") 
HANDLER をログハンドラーの名前に置き換えます。アプリケーション・サーバーが起動されるたびに新しいログファイルを作成する必要がある場合は、BOOLEANfalse に置き換えます。アプリケーションサーバーが同じファイルを使用し続ける必要がある場合は、BOOLEANtrue に置き換えます。
この変更を反映するには、JBoss Enterprise Application Platform 6 を再起動する必要があります。

例13.42 ハンドラーの追加動作の設定

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/size-rotating-file-handler=ACCOUNTS_TRACE:write-attribute(name="append", value="true")
{
    "outcome" => "success",
    "response-headers" => {
        "operation-requires-reload" => true,
        "process-state" => "reload-required"
    }
}
[standalone@localhost:9999 /]
ハンドラーが自動フラッシュを使用するかどうかを設定
次の構文で write-attribute 操作を使用します。
 /subsystem=logging/size-rotating-file-handler=HANDLER:write-attribute(name="autoflush", value="BOOLEAN") 
HANDLER をログハンドラーの名前に置き換えます。このハンドラーがすぐに出力を書き込む場合は、BOOLEANtrue に置き換えます。

例13.43 ハンドラーが自動フラッシュを使用するかどうかを設定

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/size-rotating-file-handler=ACCOUNTS_TRACE:write-attribute(name="autoflush", value="true")
{"outcome" => "success"}
[standalone@localhost:9999 /]
ハンドラーの出力に使用されるエンコーディングの設定
次の構文で write-attribute 操作を使用します。
 /subsystem=logging/size-rotating-file-handler=HANDLER:write-attribute(name="encoding", value="ENCODING") 
HANDLER をログハンドラーの名前に置き換えます。ENCODING を必要な文字エンコーディングシステムの名前に置き換えます。

例13.44 ハンドラーの出力に使用されるエンコーディングの設定

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/size-rotating-file-handler=ACCOUNTS_TRACE:write-attribute(name="encoding", value="utf-8") 
{"outcome" => "success"}
[standalone@localhost:9999 /]
ログハンドラーが書き込むファイルの指定
次の構文で change-file 操作を使用します。
 /subsystem=logging/size-rotating-file-handler=HANDLER:change-file(file={"path"=>"PATH", "relative-to"=>"DIR"}) 
HANDLER をログハンドラーの名前に置き換えます。PATH をログが書き込まれるファイルのファイル名に置き換えます。DIR をファイルが存在するディレクトリーの名前に置き換えます。DIR の値をパス変数に指定できます。

例13.45 ログハンドラーが書き込むファイルの指定

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/size-rotating-file-handler=ACCOUNTS_TRACE:change-file(file={"path"=>"accounts_trace.log", "relative-to"=>"jboss.server.log.dir"}) 
{"outcome" => "success"}
[standalone@localhost:9999 /]
ハンドラーの出力に使用されるフォーマッターの設定
次の構文で write-attribute 操作を使用します。
 /subsystem=logging/size-rotating-file-handler=HANDLER:write-attribute(name="formatter", value="FORMATTER") 
HANDLER をログハンドラーの名前に置き換えます。FORMAT を必要なフォーマッター文字列に置き換えます。

例13.46 ハンドラーの出力に使用されるフォーマッターの設定

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/size-rotating-file-handler=ACCOUNTS_TRACE:write-attribute(name="formatter", value="%d{HH:mm:ss,SSS} %-5p (%c) [%t] %s%E%n")
{"outcome" => "success"}
[standalone@localhost:9999 /]
各ログファイルの最大サイズの設定
次の構文で write-attribute 操作を使用します。
 /subsystem=logging/size-rotating-file-handler=HANDLER:write-attribute(name="rotate-size", value="SIZE") 
HANDLER をログハンドラーの名前に置き換えます。SIZE を最大ファイルサイズに置き換えます。

例13.47 各ログファイルの最大サイズの設定

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/size-rotating-file-handler=ACCOUNTS_TRACE:write-attribute(name="rotate-size", value="50m")  
{"outcome" => "success"}
[standalone@localhost:9999 /]
保持するバックアップログの最大数の設定
次の構文で write-attribute 操作を使用します。
 /subsystem=logging/size-rotating-file-handler=HANDLER:write-attribute(name="max-backup-index", value="NUMBER") 
HANDLER をログハンドラーの名前に置き換えます。NUMBER を、保持するログファイルの必要な数に置き換えます。

例13.48 保持するバックアップログの最大数の設定

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/size-rotating-file-handler=ACCOUNTS_TRACE:write-attribute(name="max-backup-index", value="5")
{"outcome" => "success"}
[standalone@localhost:9999 /]
ログハンドラーの削除
次の構文で remove 操作を使用します。
 /subsystem=logging/size-rotating-file-handler=HANDLER:remove 
HANDLER をログハンドラーの名前に置き換えます。

例13.49 ログハンドラーの削除

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/size-rotating-file-handler=ACCOUNTS_TRACE:remove
{"outcome" => "success"}
[standalone@localhost:9999 /]