第2章 アプリケーションサーバー管理

2.1. JBoss Enterprise Application Platform の起動

2.1.1. JBoss Enterprise Application Platform の起動

JBoss Enterprise Application Platform 6 を次のいずれかの方法で起動します。

2.1.2. スタンドアローンサーバーとして JBoss Enterprise Application Platform 6 を起動

概要

ここでは、JBoss Enterprise Application Platform 6 をスタンドアロンサーバーとして起動する手順を説明します。

手順2.1 プラットフォームサービスをスタンドアロンサーバーとして起動

  1. Red Hat Enterprise Linux の場合

    コマンドの実行: EAP_HOME/bin/standalone.sh
  2. Microsoft Windows Server の場合

    コマンドの実行: EAP_HOME\bin\standalone.bat
  3. 別のパラメーターを指定します (任意)

    起動スクリプトに渡すことができる他のパラメーター一覧を出力するには、-h パラメーターを使います。
結果

JBoss Enterprise Application Platform 6 スタンドアロンサーバーインスタンスが起動します。

2.1.3. 管理対象ドメインとして JBoss Enterprise Application Platform 6 を起動

手順2.2 プラットフォームサービスを管理対象ドメインとして起動

  1. Red Hat Enterprise Linux の場合

    コマンドの実行: EAP_HOME/bin/domain.sh
  2. Microsoft Windows Server の場合

    コマンドの実行: EAP_HOME\bin\domain.bat
  3. 他のパラメーターを起動スクリプトに渡します (任意)

    起動スクリプトに渡すことができる各種パラメーターを確認するには、-h パラメーターを使います。
結果

JBoss Enterprise Application Platform 6 管理対象ドメインインスタンスが起動します。

2.1.4. 別の設定で JBoss Enterprise Application platform 6 を起動

設定ファイルを指定しない場合、サーバーはデフォルトファイルで起動します。しかし、サーバーを起動してから設定を手動で指定することができます。この手順は管理対象ドメインとスタンドアロンサーバーのどちらを使用するか、またどのオペレーティングシステムを使用するかによって多少の違いがあります。

要件

  • 別の設定ファイルを使う前に、デフォルト設定をテンプレートとして使用して別の設定ファイルを作成する準備をします。管理対象ドメインの場合は、設定ファイルを EAP_HOME/domain/configuration/ に置く必要があります。スタンドアロンサーバーの場合は、設定ファイルを EAP_HOME/standalone/configuration/ に置く必要があります。

注記

設定ディレクトリに複数の設定例が含まれています。これらの例を使用し、 クラスタリングや Transaction XTS API などの追加機能を有効にします。

手順2.3 別の設定でインスタンスを起動

  1. 管理対象ドメイン

    管理対象ドメインでは、--domain-config パラメーターに設定ファイルのファイル名をオプションとして指定します。設定ファイルが EAP_HOME/domain/configuration/ ディレクトリにある場合は、フルパスを指定する必要はありません。

    例2.1 Red Hat Enterprise Linux の管理対象ドメインに別の設定ファイルを使用

    [user@host bin]$ ./domain.sh --domain-config=domain-alternate.xml

    例2.2 Microsoft Windows Server の管理対象ドメインに別の設定ファイルを使用

    C:\EAP_HOME\bin> domain.bat --domain-config=domain-alternate.xml
  2. スタンドアロンサーバー

    スタンドアロンサーバーでは、--server-config パラメーターに設定ファイルのファイル名をオプションとして指定します。設定ファイルが EAP_HOME/standalone/configuration/ ディレクトリにある場合は、設定ファイルにフルパスを指定する必要はありません。

    例2.3 Red Hat Enterprise Linux のスタンドアロンサーバーに別の設定ファイルを使用

    [user@host bin]$ ./standalone.sh --server-config=standalone-alternate.xml

    例2.4 Microsoft Windows Server のスタンドアロンサーバーに別の設定ファイルを使用

    C:\EAP_HOME\bin> standalone.bat --server-config=standalone-alternate.xml
結果

JBoss Enterprise Application Platform 6 が別の設定を使用して実行されます。

2.1.5. JBoss Enterprise Application Platform 6 の停止

JBoss Enterprise Application Platform 6 を停止する方法は、起動方法によって異なります。このタスクでは、対話的に起動されたインスタンスを停止し、サービスにより起動されたインスタンスを停止して、スクリプトによりバックグラウンドにフォークされたインスタンスを停止します。

注記

このタスクは管理対象ドメイン内のサーバーまたはサーバーグループを停止しません。このようなサーバーまたはサーバーグループを停止する場合は 「管理コンソールを使用したサーバーの停止」 を参照してください。

手順2.4 JBoss Enterprise Application Platform 6 のスタンドアロンインスタンスの停止

  1. コマンドラインプロンプトから対話的に起動したインスタンスを停止します。

    JBoss Enterprise Application Platform 6 が実行されているターミナルで Ctrl-C を押します。
  2. オペレーティングシステムサービスとして起動されたインスタンスを停止します。

    オペレーティングシステムに応じて、以下のいずれかの手順を実行します。
    • Red Hat Enterprise Linux

      Red Hat Enterprise Linux でサービススクリプトを記述したときは、stop 機能を使用します。これは、スクリプトに記述する必要があります。次に、service scriptname stop を使用できます。ここで scriptname はスクリプトの名前に置き換えます。
    • Microsoft Windows Server

      Microsoft Windows の場合は、net service コマンドを使用するか、コントロールパネルの サービス アプレットからサービスを停止します。
  3. バックグラウンドで実行されているインスタンスを停止します (Red Hat Enterprise Linux)。

    1. プロセスリストからインスタンスを特定します。コマンド ps aux |grep "[j]ava -server" を実行することもできます。これにより、ローカルマシンで実行されている各 JBoss Enterprise Application Platform 6 インスタンスの 1 つの結果が返されます。
    2. kill process_ID を実行してプロセスに TERM シグナルを送信します。ここで、process_ID は上記 ps aux コマンドの 2 番目のフィールドにある数字に置き換えます。
結果

JBoss Enterprise Application Platform 6 がクリーンにシャットダウンされ、データは失われません。

2.1.6. サーバー実行時に渡すスイッチと引数のリファレンス

アプリケーションサーバーの起動スクリプトは実行時に追加の引数とスイッチを受け取ります。これらのパラメーターを使用すると、standalone.xmldomain.xml、および host.xml の設定ファイルで定義されたものとは別の設定でサーバーを起動できます。これには、ソケットバインディングの代替セットや二次設定でのサーバーの起動が含まれることがあります。利用可能なこれらのパラメーターのリストには、起動時にヘルプスイッチを渡すことによってアクセスできます。

例2.5

次の例は 「スタンドアローンサーバーとして JBoss Enterprise Application Platform 6 を起動」 で説明されているサーバーの起動に似ていますが、-h スイッチまたは --help スイッチが追加されています。ヘルプスイッチの結果は下表の説明を参照してください。
[localhost bin]$ standalone.sh -h

表2.1 実行時スイッチおよび引数の表

引数またはスイッチ 説明
--admin-only サーバーの実行タイプを ADMIN_ONLY に設定します。これにより管理インターフェースが開かれ、管理リクエストが許可されますが、他のランタイムサービスは起動されず、エンドユーザーのリクエストは許可されません。
-b=<value> システムプロパティー jboss.bind.address を該当する値に設定します。
-b <value> システムプロパティー jboss.bind.address を該当する値に設定します。
-b<interface>=<value> システムプロパティー jboss.bind.address.<interface> を該当する値に設定します。
-c=<config> 使用するサーバー設定ファイルの名前。デフォルト値は standalone.xml です。
-c <config> 使用するサーバー設定ファイルの名前。デフォルト値は standalone.xml です。
--debug [<port>] オプションの引数を用いてデバッグモードを有効にし、ポートを指定します。起動スクリプトがサポートする場合のみ動作します。
-D<name>[=<value>] システムプロパティーを設定します。
-h ヘルプメッセージを表示し、終了します。
--help ヘルプメッセージを表示し、終了します。
-P=<url> 該当する URL からシステムプロパティーをロードします。
-P <url> 該当する URL からシステムプロパティーをロードします。
--properties=<url> 該当する URL からシステムプロパティーをロードします。
-S<name>[=<value>] セキュリティープロパティーを設定します。
--server-config=<config> 使用するサーバー設定ファイルの名前。デフォルト値は standalone.xml です。
-u=<value> システムプロパティー jboss.default.multicast.address を指定の値に設定します。
-u <value> システムプロパティー jboss.default.multicast.address を指定の値に設定します。
-V アプリケーションサーバーのバージョンを表示し、終了します。
-v アプリケーションサーバーのバージョンを表示し、終了します。
--version アプリケーションサーバーのバージョンを表示し、終了します。