1.3. JBoss Enterprise Application Platform 6 の操作モードについて

JBoss Enterprise Application Platform には JBoss Enterprise Application Platform インスタンスを操作する 2 つのモードがあります。スタンドアロンサーバー または 管理対象ドメイン へブートすることができます。各モードはさまざまなビジネスシナリオの異なるニーズに適合するよう設計されています。ビジネスのニーズを活用するため、単一のサーバーインストールまたはコーディネートされたマルチサーバー管理のどちらかを選択することができ、プロセスを自動化して管理を容易にします。
管理対象ドメインとスタンドアロンサーバーのどちらを選択するかは、サーバーの管理方法によって決まります。エンドユーザーの要求に対応するために提供する機能は関係ありません。この区別は、高可用性 (HA) クラスターでは特に重要になります。HA の機能は、実行中のスタンドアロンサーバーや管理対象ドメインとは関連がないことを理解することが重要になります。よって、複数のスタンドアロンサーバーを設定して HA クラスターを形成することが可能です。