10.9.3. Java Security Manager のポリシーについて

Security Policy
様々なコードのクラスに対する定義済みのパーミッションセット。Java Security Manager はアプリケーションが要求したアクションと、このセキュリティーポリシーを比較します。ポリシーでアクションが許可された場合、Security Manager により、アクションの実行が許可されます。ポリシーによりアクションが許可されない場合、Security Manager はこのアクションを拒否します。セキュリティーポリシーは、コードの場所やコードのシグネチャーを基にパーミッションを定義することができます。
使用する Java Security Manager やセキュリティーポリシーは、Java 仮想マシンのオプションjava.security.managerjava.security.policy を使用して設定されます。