17.2. アクセプターおよびコネクターについて

HornetQ は、メッセージングシステムの主要な部分としてコネクターおよびアクセプターを使用します。

アクセプターおよびコネクター

Acceptor
アクセプターは、HornetQ サーバーが受け入れる接続タイプを定義します。
Connector
コネクターは、HornetQ サーバーに接続する方法を定義し、HornetQ クライアントによって使用されます。
一致するコネクターとアクセプターのペアが同じ JVM 内に存在するかどうかに関連して、2 つのタイプのコネクターとアクセプターのがあります。

Invm および Netty

Invm
Invm は、Intra Virtual Machine の略語であり、クライアントとサーバーが同じ JVM で実行されているときに使用できます。
Netty
JBoss プロジェクトの名前。クライアントとサーバーが異なる JVM で実行されている場合に使用する必要があります。
HornetQ クライアントは、サーバーのいずれかのアクセプターと互換性があるコネクターを使用する必要があります。Invm コネクターは Invm アクセプターに接続でき、netty コネクターのみが netty アクセプターに接続できます。コネクターとアクセプターはサーバーの standalone.xmldomain.xml で設定されます。これらは、管理コンソールまたは管理 CLI のいずれかを使用して定義できます。

例17.1 デフォルトのアクセプターおよびコネクター設定の例

<connectors>
    <netty-connector name="netty" socket-binding="messaging"/>
    <netty-connector name="netty-throughput" socket-binding="messaging-throughput">
        <param key="batch-delay" value="50"/>
    </netty-connector>
    <in-vm-connector name="in-vm" server-id="0"/>
</connectors>
<acceptors>
    <netty-acceptor name="netty" socket-binding="messaging"/>
    <netty-acceptor name="netty-throughput" socket-binding="messaging-throughput">
        <param key="batch-delay" value="50"/>
        <param key="direct-deliver" value="false"/>
    </netty-acceptor>
    <in-vm-acceptor name="in-vm" server-id="0"/>
</acceptors>


この設定例は、HornetQ の JBoss Enterprise Application Platform 6 実装がアクセプターおよびコネクター設定でソケットバインディングを使用する方法を示しています。これは、HornetQ のスタンドアロンバージョンによって異なり、特定のホストとポートを宣言する必要があります。