5.2. トランザクショナルドライバ

JBossJTA はトランザクション内にJDBC 接続を組み込むため、JDBC ドライバを提供しています。これらのドライバは全ての呼出しを遮断し適切なトランザクションへ接続します。特定のJDBC ドライバを駆動できるのは、トランザクショナルドライバ1種類だけです。データベースはトランザクショナルで、ACID (atomicity, consistency, isolation, durability) プロパティの保証はありません。java.sql.Driver インターフェースを実装するcom.arjuna.ats.jdbc.TransactionalDriverインターフェースを使いドライバを呼び出します。

5.2.1. ドライバのロード

アプリケーション内でドライバをインスタンス化し利用することができます。例えば、
TransactionalDriver arjunaJDBC2Driver = new TransactionalDriver();
JDBC ドライバマネージャ (java.sql.DriverManager) は、Java システムプロパティにドライバインスタンスを追加することでこのインスタンスを管理します。jdbc.drivers プロパティには、ドライバクラス名のリストが含まれており、コロンで区切られています。これの初期化時にJDBC ドライバマネージャはロードされます。
また、Class.forName() メソッドを使い 1つあるいは複数のドライバをロードすることができます。
Class.forName("sun.jdbc.odbc.JdbcOdbcDriver");
Class.forName()メソッドを呼び出すと、このドライバは自動的にJDBC ドライバマネージャに登録されます。JDBC ドライバのインスタンスを明示的に作成することも可能です。
sun.jdbc.odbc.JdbcOdbcDriver drv = new sun.jdbc.odbc.JdbcOdbcDriver();
DriverManager.registerDriver(drv);
ドライバをロードした後、DBMS と接続を確立することができます。