8.3. サービス

JBoss Enterprise Application Platformとの統合で提示されるサービスは、TransactionManagerServiceのみとなっています。このサービスは、java:/TransactionManager名を使い、リカバリマネージャが起動し、JBoss Transaction Service JTA トランザクションマネージャがJNDI プロバイダとバインドされるようにします。このサービスは、CORBA ORB サービスの存在により左右され、基盤のORB 実装としてJacORBを使う必要があります。
このサービスには2つのインスタンスがあります。
分散
JBoss Transaction Service が使用可能なトランザクションマネージャの実装を使い、分散トランザクションとリカバリに対応しており、com.arjuna.ats.jbossatx.jts.TransactionManagerService クラスで設定されています。これはデフォルトの設定となっています。
ローカル
純粋なローカルJTA 実装を使います。com.arjuna.ats.jbossatx.jta.TransactionManagerService クラスを使い設定されています。