17.9. 割り込み

割り込み はコーディネータの階層全体にトランザクションのコーディネーションを委譲させることができるスコーピングメカニズムです。この概念を図解したものが 図17.4「割り込み」 です。
割り込み

図17.4 割り込み

コーディネーションに必要なネットワークトラフィック量を制限する方法として、割り込みは Web Services トランザクションに特に役立ちます。例えば、ネットワークトラフィックまたは距離が原因でトップレベルのコーディネータと Web サービス間の通信が遅い場合、Web サービスはローカルなコーディネータサービスを使用する下位のトランザクションで実行すると役立つことがあります。図17.4「割り込み」 では prepare するために、トップレベルのコーディネータが必要なことは、1 つの prepare メッセージを下位のコーディネータに送り、1 つの prepared または aborted 応答を受け取ることだけです。下位のコーディネータは prepare を各パーティシパントにローカルに転送し、結果を組み合わせて単一の prepared または aborted 応答を送るかどうか決定します。