13.2. Transaction Service ツールの起動

JBoss Transaction Service ツールを起動するには、ご利用中のオペレーティングシステムに見合ったセクションを参照してください。
Windows
Start メニューから、JBoss Transaction Serviceプログラムグループの Start Tools リンクをダブルクリックします。
Linux およびUnix 系のオペレーティングシステム
コマンドラインで$JBOSS_HOME/run-tools.shとタイプしてください。
表示されたToolsのウィンドウがJBoss Transaction Service に同梱されている全ツールの起動エリアとなります。メニューバーは、Tools ウィンドウの上部に位置しており、以下の4つのアイテムが含まれています。

13.2.1. File メニュー

Open JMX Browser (JMX ブラウザを開く)
JMX ブラウザウィンドウを表示します。
Open Object Store Browser (オブジェクトストアブラウザを開く)
オブジェクトストアブラウザのウィンドウを表示します。
Settings (設定)
JBoss Transaction Service ツールの設定に利用する設定ダイアログを表示します。
Exit (閉じる)
JBoss Transaction Service ツールアプリケーションを閉じ、保存されていない変更は破棄されます。