はじめに

1. ファイル命名規則

読みやすくするために、ファイルパスでは以下の命名規則が使用されています。コンテキストで識別しやすくするために各規則のスタイルは異なります。
JBOSS_EAP_DIST
JBoss Enterprise Application Platform インスタンスのインストールルート。このフォルダには /jboss-as/seam/resteasy などの、サーバーを構成する主要なフォルダが含まれます。
JBOSS_EWP_DIST
JBoss Enterprise Web Platform インスタンスのインストールルート。このフォルダには /jboss-as-web/seam/resteasy. などの、サーバーを構成する主要なフォルダが含まれます。
JBOSS_EWS_DIST
JBoss Enterprise Web Server インスタンスのインストールルート。このフォルダには /extras/httpd/tomcat6 などの、サーバーを構成する主要なフォルダが含まれます。
NATIVE
JBoss Native zip のインストールルート。JBOSS_EAP_DIST と同じディレクトリレベルに抽出されます。
SJWS
Sun Java Web Server インスタンスのインストールルート。この命名規則のデフォルトのファイル場所は以下のとおりです。
  • Solaris 9 x86 または SPARC 64 の場合: /opt/SUNWwbsrv61
  • Solaris 10 x86 または SPARC 64 の場合: /opt/SUNWwbsrv70/
HTTPD_DIST
Apache httpd Server のインストールルート。このフォルダには、/conf/webapps/bin などの、サーバーを構成する主要なフォルダが含まれます。JBoss Enterprise Web Server JBOSS_EWS_DIST ディレクトリには、HTTPD_DIST のルートインストールが含まれます。
PROFILE
テスト用または本番稼働用の設定の一部として使用する JBoss サーバープロファイルの名前。サーバープロファイルは、JBOSS_EAP_DIST/jboss-as/server または JBOSS_EWS_DIST/jboss-as-web/server に存在します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。