10.2. デモクライアントの設定

デモの Client Control パラメータを設定し、デモをとおしてクライアントが期待どおりに稼働するようにする必要があります。

タスク: [Client Control] タブフィールドの設定

このタスクを完了し、[Load Balancing Demonstration] の [Client Control] タブで指定する必要がある値について学習します。

前提条件

このタスクを続行する前に タスク: デモの起動 を完了します。
  1. [Client Control] タブをクリックします。
  2. 以下のフィールド定義に基づいて、[Client Control] タブのすべてのフィールドに対して値を指定します。
    Proxy Hostname
    負荷分散プロキシサーバーのホスト名またはプロキシサーバーが要求をリッスンしている IP アドレス。このフィールドのデフォルト値は localhost であるか、または mod_cluster.proxy.host システムプロパティにより決定されます (設定されている場合)。
    デモを使用するたびにこの値を再設定することを回避するために、run-demo.sh-Dmod_cluster.proxy.host=localhost 値を編集します。
    Proxy Port
    負荷分散サーバーが要求をリッスンするポート。デフォルト値は 8000 であるか、または mod_cluster.proxy.port プロパティによって決定されます (設定されている場合)。
    デモを使用するたびにこの値を再設定することを回避するために、run-demo.sh-Dmod_cluster.proxy.port=8000 値を編集します。
    Context Path
    要求を指定する要求 URL の部分は load-demo.war です。
    Session Life
    クライアントスレッドがセッションを無効にし、破棄する前にセッションを使用する時間 (秒数)。これは小さい値である必要があります。小さい値でないと、セッションスティッキネスによりサーバー負荷の変化がプロキシサーバーのルーティング決定に影響を与えなくなります。スティッキーセッションが有効な場合 (強く推奨) は、新しいセッションを作成すると、プロキシが負荷を分散します。
    Invalidate
    チェックされた場合、スレッドがセッションの使用を停止したときにセッションがクライアントスレッドにより無効になります。チェックされた場合、セッションは破棄され、セッションタイムアウトが終了するまでワーカーノードに存在します。
    Session Timeout
    ワーカーノードの期限が切れ、セションが削除されるまでセションが未使用のままになる時間 (秒数)。
    Invalidate を選択解除し、セッションライフよりも大きい値を設定すると、大量の未使用のセッションがサーバーに蓄積されます。
    Num Threads
    起動するクライアントスレッドの数。各スレッドは [Stop] ボタンが押されるか、要求が HTTP 200 以外の応答を受けとるまで要求を繰り返し行います。
    Sleep Time
    要求間にクライアントスレッドがスリープ状態にする (ミリ秒数)。
    Startup Time
    アプリケーションがクライアントスレッドの起動を整理する時間 (秒数)。セッションの起動時間を整理すると、すべてのセッションが開始され、ほとんど同時に終了する非現実的な状況が回避されます。起動時間を整理すると、プロキシが新しいセッションを連続的に確認し、セッションをルーティングする方法を決定します。
  3. 値を指定したら、タスク: デモとの対話 に進みます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。