12.4. Microsoft IIS 7 初期クラスタリング設定

Microsoft IIS 7 は、管理コンソールを使用して管理したり、APPCMD.EXE コマンドツールを使用してコマンドプロンプトから管理したりできます。

用語

ISAPI 制限と CGI 制限
ISAPI 制限と CGI 制限はサーバーでの動的コンテンツの実行を可能にする要求ハンドラです。これらの制限は CGI ファイル (.exe) または ISAPI 拡張 (.dll) のいずれかです。IIS 設定システムがこれを許可する場合は、カスタム ISAPI 制限または CGI 制限を追加できます。 [http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc730912(WS.10).aspx]

タスク: JBoss ネイティブ ISAPI 制限を定義する

このタスクでは、管理コンソールを使用して ISAPI 制限を定義します。
  1. マスターサーバーで、IIS マネージャを開きます。
    • [スタート][実行]、次に inetmgr と入力します。
    • [スタート][コントロール パネル][管理ツール][インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャ]
    [IIS 7 Manager] ウィンドウが開きます。
  2. ツリービューペインで、[IIS 7 (Server Home と呼ばれます) を選択します。
    [IIS 7 Home Features View] が開きます。
  3. [ISAPI および CGI の制限] をダブルクリックします。
    [ISAPI および CGI の制限] 機能ビューが開きます。
  4. [Actions (アクション)] ペインで、[追加] をクリックします。
    [ISAPI または CGI の制限の追加] ウィンドウが開きます。
  5. 以下の値を [ISAPI または CGI の制限の追加] ウィンドウで指定します。
    [ISAPI または CGI パス]:
    c:\connectors\jboss-ep-5.1\native\sbin\isapi_redirect.dll と指定します。
    [説明]:
    jboss と指定します (記述されたとおり)。
    [拡張パスの実行を許可する]
    チェックボックスを選択します。
  6. [OK] をクリックして値を保存し、[ISAPI または CGI の制限の追加] ウィンドウを閉じます。

    注記

    [ISAPI および CGI の制限] 機能ビューに、jboss 制限とパスが表示されます。

タスク: JBoss ネイティブ仮想ディレクトリを定義する

このタスクでは、管理コンソールを使用して、JBoss ネイティブバイナリの仮想ディレクトリを定義します。
  1. [既定の Web サイト] を右クリックし、[仮想ディレクトリの追加] をクリックします。
    [仮想ディレクトリの追加] ウィンドウが開きます。
  2. [仮想ディレクトリの追加] ウィンドウで以下の値を指定します。
    [エイリアス]:
    jboss を (記述されたとおりに) 指定します。
    [物理パス]:
    C:\connectors\jboss-ep-5.1\native\sbin\ と指定します。
  3. [OK] をクリックして値を保存し、[仮想ディレクトリの追加] ウィンドウを閉じます。

タスク: JBoss ネイティブ ISAPI リダイレクトフィルタを定義する

このタスクでは、管理コンソールを使用して JBoss ネイティブ ISAPI リダイレクトフィルタを定義します。
  1. ツリービューペインで、[サイト][既定の Web サイト]を展開します。
  2. [ISAPI フィルタ] をダブルクリックします。
    [ISAPI フィルタ] 機能ビューが開きます。
  3. [Actions (アクション)] ペインで、[追加] をクリックします。
    [ISAPI フィルタの追加] ウィンドウが開きます。
  4. 以下の値を [ISAPI フィルタの追加] ウィンドウで指定します。
    [フィルタ名]:
    jboss を (記述されたとおりに) 指定します。
    [実行可能ファイル]:
    C:\connectors\jboss-ep-5.1\native\sbin\isapi_redirect.dll を指定します。
  5. [OK] をクリックして値を保存し、[ISAPI フィルタの追加] ウィンドウを閉じます。

タスク: ISAPI-dll ハンドラを有効にする

このタスクでは、管理コンソールを使用して ISAPI-dll ハンドラを有効にします。
  1. ツリービューペインで、[IIS 7 (Server Home と呼ばれます) を選択します。
    [IIS 7 Home Features View] が開きます。
  2. [ハンドラ マッピング] をダブルクリックします。
    [ハンドラ マッピング] 機能ビューが開きます。
  3. [グループ化] ドロップダウンボックスで、[State (状態)] を選択します。
    ハンドラマッピングが Enabled グループと Disabled グループで表示されます。
  4. ISAPI-dll が Disabled グループに存在する場合は、右クリックして [機能のアクセス許可の編集] を選択します。
  5. [Read (読み取り)]、[Script (スクリプト)]、および [Execute (実行)] チェックボックスが選択されていることを確認します。
  6. [OK] をクリックして値を保存し、[機能のアクセス許可の編集] ウィンドウを閉じます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。