第4章 概要

JBoss HTTP Connector mod_cluster は縮約された設定で、JBoss Enterprise Application Platform にとってインテリジェントな負荷分散のソリューションです。もともとは JBoss mod_cluster コミュニティプロジェクトから開発された技術に基づいています。
JBoss HTTP コネクタは JBoss Enterprise Application Platform と JBoss Enterprise Web Server ワーカーノードに HTTP 要求を負荷分散し、プロキシサーバーとして Apache を使用します。

4.1. 主な特徴

Apache HTTP Server ベース
JBoss HTTP Connector mod-cluster はプロキシサーバーとして Apache を使用します。
リアルタイムの負荷分散の計算
JBoss HTTP Connector mod_cluster はワーカーノードとプロキシサーバー間のフィードバックネットワークを作成します。mod_cluster サービスは各ワーカーノードにデプロイされています。このサービスはプロキシサーバーにリアルタイムの負荷情報をフィードします。 次にプロキシサーバーは各ワーカーノードの現在の負荷に基づきワークを割り振る場所に関してインテリジェントな決定を行います。このリアルタイムの適応した負荷分散によりリソースの最適化が向上します。
ワーカーノードにより報告された情報およびプロキシにより使用された負荷分散ポリシーは両方ともカスタマイズ可能です。
リアルタイムアプリケーションライフサイクルに基づいたルーティング
ワーカーノードにデプロイされた JBoss HTTP Connector mod_cluster サービスはアプリケーションライフサイクルイベントをプロキシサーバーにリレーします。これによりサーバーは動的にそのルーティングテーブルを更新できます。アプリケーションがあるノードでデプロイ解除されると、プロキシサーバーはそのノードに対しそのアプリケーションのトラフィックをルーティングしないようになります。
プロキシの自動検出
プロキシサーバーは UDP マルチキャストを介してその存在を知らせるように設定できます。新しいワーカーノードはプロキシサーバーを検出し、それらを自動的に負荷分散クラスタに追加します。これにより必要な設定と管理を大幅に縮小することができます。UDP マルチキャストが使用不可能または希望するものでない場合、ワーカーノードはプロキシの静的リストで設定されます。
複数のプロトコル対応
JBoss HTTP Connector mod_cluster は HTTP、HTTPS、または Apache JServ Protocol (AJP) を使用して、プロキシとワーカーノード間の通信を行うことができます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。