14.5. NSAPI を使用した負荷分散されたクラスターの設定

タスク: NSAPI を使用した負荷分散されたクラスターの設定

このタスクを完了すると、2 つのワーカーノードから構成される負荷分散されたクラスタが設定されます。

前提条件

  1. NSAPI を介して提供するパスを定義する

    SJWS/PROFILE/config/obj.conf を開き、示されたように、NSAPI を介して提供するパスを default オブジェクト定義の最後に定義します。
    <Object name="default">
          [...]
       NameTrans fn="assign-name" from="/status" name="jknsapi"
       NameTrans fn="assign-name" from="/images(|/*)" name="jknsapi"
       NameTrans fn="assign-name" from="/css(|/*)" name="jknsapi"
       NameTrans fn="assign-name" from="/nc(|/*)" name="jknsapi"
       NameTrans fn="assign-name" from="/jmx-console(|/*)" name="jknsapi"
       NameTrans fn="assign-name" from="/jkmanager/*" name="jknsapi"
    </Object>
    この obj.conf ファイルで JBoss Enterprise Platform インスタンスにデプロイされた任意のアプリケーションのパスをマップできます。サンプルコードでは、/nc パスが nc という名前以下にデプロイされたアプリケーションにマップされます。
  2. 各パスを提供するワーカーを定義する

    SJWS/PROFILE/config/obj.conf を開き、以下の jknsapi オブジェクト定義を default オブジェクト定義の後に追加します。
    <Object name="jknsapi">
       ObjectType fn=force-type type=text/plain
       Service fn="jk_service" worker="status" path="/jkmanager(/*)"
       Service fn="jk_service" worker="router"
    </Object>
    この jknsapi オブジェクトは default オブジェクトの name="jknsapi" に割り当てられた各パスを提供するために使用されるワーカーノードを定義します。
  3. ワーカーとその属性を定義する

    SJWS/PROFILE/config/workers.properties を作成します。
    このファイルでワーカーノードと各ワーカーノードのプロパティのリストを定義します。

    注記

    workers.properties ディレクティブについては、付録A 参照:workers.properties を参照してください。
    # The advanced router LB worker
    worker.list=router,status
    
    #First EAP server definition, port 8009 is standard port for AJP in EAP
    #
    #lbfactor defines how much the worker will be used. 
    #The higher the number, the more requests are served
    #lbfactor is useful when one machine is more powerful 
    #ping_mode=A – all possible probes will be used to determine that
    #connections are still working
    worker.worker01.port=8009
    worker.worker01.host=127.0.0.1
    worker.worker01.type=ajp13
    worker.worker01.ping_mode=A
    worker.worker01.socket_timeout=10
    worker.worker01.lbfactor=3
    
    #Second EAP server definition
    worker.worker02.port=8009
    worker.worker02.host=127.0.0.100
    worker.worker02.type=ajp13
    worker.worker02.ping_mode=A
    worker.worker02.socket_timeout=10
    worker.worker02.lbfactor=1
    
    # Define the LB worker
    worker.router.type=lb
    worker.router.balance_workers=worker01,worker02
    
    # Define the status worker
    worker.status.type=status
  4. サーバーを再起動する

    Sun Java System Web Server インスタンスを設定した後で、インスタンスを再起動して変更内容を反映します。
    Sun Java System Web Server 6.1 の場合:
    SJWS/PROFILE/stop
    SJWS/PROFILE/start
    Sun Java System Web Server 7.0 の場合:
    SJWS/PROFILE/bin/stopserv
    SJWS/PROFILE/bin/startserv

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。