12.3. Microsoft IIS 6 初期クラスタリング設定

Microsoft IIS 6 には、基本的な ISAPI フィルタと ISAPI マッピングがデフォルトインストールの一部として含まれます。

タスク: ISAPI フィルタの定義

このタスクでは、管理コンソールを使用してマスターサーバーで ISAPI フィルタを定義します。
  1. マスターサーバーで、IIS マネージャを開きます。
    • [スタート][実行]、次に inetmgr と入力します。
    • [スタート][コントロール パネル][管理ツール][インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャ]
    [IIS 6 Manager] ウィンドウが開きます。
  2. ツリービューペインで、[Web サイト] を展開します。
  3. [既定の Web サイト] を右クリックし、次に [プロパティ] をクリックします。
    [プロパティ] ウィンドウが開きます。
  4. [ISAPI フィルタ] をクリックします。
  5. [追加] ボタンをクリックし、[フィルタのプロパティの追加と編集] ウィンドウで以下の値を指定します。
    [フィルタ名]:
    jboss を (記述されたとおりに) 指定します。
    [実行可能ファイル]:
    C:\connectors\jboss-ep-5.1\native\sbin\isapi_redirect.dll を指定します。
  6. [OK] をクリックして値を保存し、[フィルタのプロパティの追加と編集] ダイアログを閉じます。

    注記

    IIS はまだリソースの要求を受け取っていないため、[ISAPI フィルタ] タブでは jboss フィルタステータスと優先度が [不明] と表示されます。要求が実行されると、ステータスと優先度はそれぞれ [読み込み済み] と [高] に変わります。

タスク: ISAPI 仮想ディレクトリを定義する

このタスクでは、IIS 管理コンソールを使用して ISAPI 仮想ディレクトリを定義します。
  1. [既定の Web サイト] を右クリックし、[新規][仮想ディレクトリの追加]をクリックします。
    [仮想ディレクトリの追加] ウィンドウが開きます。
  2. [仮想ディレクトリの追加] ウィンドウで以下の値を指定します。
    [エイリアス]:
    jboss を (記述されたとおりに) 指定します。
    [物理パス]:
    C:\connectors\jboss-ep-5.1\native\sbin\ と指定します。
  3. [OK] をクリックして値を保存し、[仮想ディレクトリの追加] ウィンドウを閉じます。
  4. ツリービューペインで、[Web サイト][既定の Web サイト]を展開します。
  5. jboss 仮想ディレクトリを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  6. [仮想ディレクトリ] タブをクリックし、以下の変更を行います。
    [実行アクセス許可]:
    Scrips and Executables を選択します。
    [Read (読み取り)] チェックボックス:
    読み取りアクセスを有効にします。
  7. [OK] をクリックして値を保存し、[jboss Properties] ウィンドウを閉じます。

タスク: ISAPI Web サービス拡張を定義する

このタスクでは、管理コンソールを使用して ISAPI Web サービス拡張を定義します。
  1. [Web サービス拡張] をクリックし、[タスク] グループで、[新しい Web サービス拡張を追加] を選択します。
    [新しい Web サービス拡張] ウィンドウが表示されます。
  2. 以下の値を [新しい Web サービス拡張] ウィンドウに追加します。
    [Extension name (拡張名)]
    jboss を指定します。
    [必要なファイル]:
    パス C:\connectors\jboss-ep-5.1\native\sbin\isapi_redirect.dll を指定します。
    [拡張の状態を許可済みに設定する]:
    チェックボックスを選択します。
  3. [OK] をクリックして値を保存し、[新しい Web サービス拡張] ウィンドウを閉じます。
  4. jboss Web Service Extension がリストに表示されていることを確認します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。