11.12. ソースコードとアップグレード

トランザクション関連の問題の多くは、サーバーからデバッグロギング情報を提示いただいてから、Global Support Services で検証されます。
しかし、独自のツールをお使いいただき、ご自身でソースコードをデバッグあるいはレビューすることも可能です。http://anonsvn.jboss.org/repos/labs/labs/jbosstm/の Subversion レポジトリを使い、ソースコードをダウンロードすることができます。Enterprise Application Platform は起動時に以下のような文字列を利用し Transaction Service のバージョンを出力します。 
      INFO [TransactionManagerService] JBossTS Transaction Service (JTA version - tag:JBOSSTS_4_6_1_GA_CP02) - JBoss Inc.
tag 要素は、Subversion レポジトリの /tags/ 以下のツリーに対応します。バージョンは、Enterprise Application Platform 自体のバージョンではなく、 Enterprise Application Platform にて利用される JBoss Transaction Service コンポーネントのバージョンであることに注意してください。ソースから Enterprise Application Platform を構築する場合は、component-matix/pom.xmlファイルの文字列 version.jboss.jbossts を検索しバージョンを確認することができます。

警告

ご利用中の Enterprise Application Platform で提供されている JBossTS のバージョン以外をインストールすることはサポート対象外となっています。JBoss Transaction Service のコンポーネントは別にパッケージされていますが、Enterprise Application Platform が提供しているバージョン以外はサポート対象外となります。