第11章 トランザクション管理

本章では、JBoss Transaction Service の主要設定オプションに関し簡単に説明します。詳細情報は、『JBoss Transactions Administration Guide』 を参照してください。

11.1. 概要

JBoss Enterprise Application Platform のトランザクションサポートは、JBossTransaction Serviceによって提供されます。JBossTransaction Service は、十分に考慮・開発されたモジュラー、規格ベースかつ、設定自在のトランザクションマネージャーです。デフォルトでは、サーバーはインストールされたJBossTransaction Service のローカル専用JTAモジュールにて稼働します。このモジュールは、EJB コンテナーなどの他の内部コンポーネントによる使用、さらにはアプリケーションによる直接使用に向けた標準的なJTA API の実装を提供します。関係データベースやメッセージキューなど1つ以上のXA リソースマネージャーが関係するACID トランザクションの調整に適しています。
JBoss Transaction Service トランザクションモジュールについても、JBoss Enterprise Application Platform に2つオプションが追加されています。 これらのモジュールをデプロイすると、必要であれば次のような追加機能を提供することができます。
JBoss Transaction Service JTS
トランザクションマネージャーは、リモート IIOP メソッドの呼び出し上でトランザクションコンテキストを分散でき、複数の JVM に対応する単一の分散トランザクションを作成することができます。 複数のサーバーにわたる大型のアプリケーションや、 CORBA ベースのシステムで実行されているトランザクションビジネスロジックとの規格ベースの相互運用に対して有用です。このモジュールの機能は標準的なJTA API から利用できるため、トランザクションビジネスロジックへの変更を必要とせず、 簡単に代わりの導入ができます。この機能の有効化に関する詳細情報は「JTS Module の利用」 を参照してください。
JBoss Transaction Service XTS
WS-AtomicTransaction (WS-AT)WS-BusinessActivity (WS-BA) 仕様を実装する XML ベースの Transaction Manager です。 この追加モジュールは JTA または JTS が提供するコアトランザクションサポートや JBossWS Native が提供する Web サービス機能は使用します。JBossTransaction Service XTS はアプリケーションとしてサーバー内にデプロイされます。 アプリケーションは JTS とほぼ同じ要領で WS-AT を使用して標準的な分散 ACID トランザクションを提供することもありますが、 CORBA ではなく Web サービストランスポートを使用します。 WS-BA 実装は、さらに代替の補償ベーストランザクションモデルを提供します。 このトランザクションモデルは、長期実行される疎結合のビジネスプロセスの調整に適しています 。XTS は、 通常はローカル WS-AT 実装や WS-BA 実装が内部でのみアクセスする WS-Coordination (WS-C) サービスも実装します。しかし、この WS-C サービスは、 別の JBoss サーバーインスタンスや JBoss 以外のコンテナに作成された WS-AT や WS-BA トランザクションのリモート調整を提供するためにも使用されます。XTS を有効にするには、「XTS モジュールの利用」 を参照してください。