8.3.2. org.jboss.naming.NamingContextFactory

このバージョンの InitialContextFactory 実装は jnp バージョンの単純拡張で、jnp バージョンと違うのは、パブリックスレッドのローカル変数内で InitialContextFactory.getInitialContext(Hashtable env) メソッドに渡す最後の設定を格納する点です。これは、UserTransaction ファクトリなどのEJB ハンドルやその他の JNDI を検知するオブジェクトは作成された時点で効力を発揮する JNDI コンテキストを継続的に追跡しますが、この実装はこれらのEJBハンドルやその他のJNDI-sensitive オブジェクトにより利用されます。vm 境界を越えシリアル化された後でも、この環境をオブジェクトにバインドさせたい場合、org.jboss.naming.NamingContextFactoryを利用してください。現在のVM jndi.properties あるいはシステムプロパティにて定義された環境が必要な場合は、org.jnp.interfaces.NamingContextFactory のバージョンを使ってください。