30.4. CMP フィールド

CMP フィールドは、 JavaBean プロパティアクセッサーの規定に従う抽象 getter と setter のメソッドとして bean クラス上で宣言されます。たとえば、 gangster bean には name CMP フィールドへアクセスができるように getName()setName() メソッドがあります。本項では、これらの宣言 CMP フィールドの設定方法、永続性や動作の制御方法について検証します。

30.4.1. CMP フィールド宣言

CMP フィールドの宣言は ejb-jar.xml ファイル内で始まります。たとえば、 gangster bean では namenickNamebadnessejb-jar.xml ファイルで次のように宣言されます。
<ejb-jar>
  <enterprise-beans>
    <entity>
        <ejb-name>GangsterEJB</ejb-name>
        <cmp-field><field-name>gangsterId</field-name></cmp-field>
        <cmp-field><field-name>name</field-name></cmp-field>
        <cmp-field><field-name>nickName</field-name></cmp-field>
        <cmp-field><field-name>badness</field-name></cmp-field>
    </entity>
  </enterprise-beans>
            </ejb-jar>
J2EE 配備記述子はオブジェクトの関係マッピング詳細やその他の設定については宣言しないので注意してください。単純に CMP フィールドの宣言です。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。