第2章 JBoss Enterprise Application Platform 5 アーキテクチャー

次の図は、 JBoss Enterprise Application Server とそのコンポーネントの概略を表しています。
JBoss Enterprise Application Platform 5 のディレクトリ構造は 4.x シリーズと似ていますが、明らかな違いがいくつかあります。
-jboss-as - the path to your JBoss Enterprise Application Server.
  |-- bin - contains start scripts and run.jar
  |-- client - client jars 
  |-- common/lib - static jars shared across server profile
  |-- docs - schemas/dtds, examples
  |-- lib - core bootstrap jars
  |   lib/endorsed - added to the server JVM java.endorsed.dirs path
  `-- server - server profile directories. See Section 3.2 
                     for details of the server profiles included in this release.
-seam - the path to JBoss SEAM application framework 
  |-- bootstrap
  |-- build
  |-- examples - examples demonstrating uses of SEAM's features
  |-- extras
  |-- lib - library directory
  |-- seam-gen - command-line utility used to generate simple skeletal SEAM code to get your project started
  |-- ui -
-resteasy - RESTEasy - a portable implementation of JSR-311 JAX-RS Specification
  |-- embedded-lib
  |-- lib
  |-- resteasy-jaxrs.war

2.1. JBoss Enterprise Application Platform のブートストラップ

JBoss Enterprise Application Platform 5 のブートストラップは org.jboss の JBoss Enterprise Application Platform 4.x バージョンと似ています。 メインエントリポイントが org.jboss.system.server.Server 実装をロードします。 JBoss Enterprise Application Platform 4.x では JMX ベースのマイクロカーネルでしたが、 JBoss Enterprise Application Platform 5 では JBoss マイクロコンテナーになりました。
JBoss Enterprise Application Platform 5 のデフォルトの org.jboss.system.server.Server implementationorg.jboss.bootstrap.microcontainer.ServerImpl です。 この実装はカーネル基本ブートストラップの拡張で、BasicXMLDeployer を使用して {jboss.server.config.url}/bootstrap.xml 記述子にて宣言されたブートストラップ beanから MC をブートします。 また、 ServerImpl レジスターは、 org.jboss.bootstrap.spi.Bootstrap インターフェースを実装する Bean のコールバックをインストールします。 bootstrap/profile*.xml 設定には、 Bootstrap インターフェースを実装する ProfileServiceBootstrap Bean が含まれます。
org.jboss.system.server.profileservice.ProfileServiceBootstrapは、org.jboss.bootstrap.spi.Bootstrap インターフェースの実装で現在のプロファイルに紐付けられたデプロイメントをロードします。PROFILE はロードされたプロファイルの名前で、 server -c コマンドライン引数に対応します。 デフォルトの PROFILEdefaultです。