29.4.6. 詳細設定と最適化

エンティティ bean のデフォルトのロック機能動作はデッドロックとなる可能性があります。エンティティ bean へアクセスするとその bean をトランザクション内にロックするため、アプリケーションのパフォーマンスあるいはスループットに関してかなり大きな問題が出てくる可能性があります。本セクションでは、 パフォーマンスの最適化およびデッドロック発生率の軽減に利用できる各種設定や手法について見ていきます。

29.4.6.1. 存続期間の短いトランザクション

トランザクションの存続期間をできるだけ短くして微調整を行うようにします。トランザクションの存続期間が短いほど、同時アクセスによる衝突やアプリケーションのスループット上昇の可能性が低くなります。