6.3. コンテキストルート

コンテキストルートは、デプロイ済みアプリケーションの URL を決定します。デフォルトでは、コンテキストルートはアプリケーションのディレクトリあるいはアーカイブ構造と同じとなっています。例えば、JSP ページで hello ディレクトリを含む、application.war アーカイブをデプロイした場合、hello アプリケーションのコンテキストルートは、/application/home となります。

手順6.1 デフォルトのコンテキストルートを書き直し

必要であればコンテキストルートを変更することが可能です。コンテキストルートを書きなおす場合、新規コンテキストルートを定義し、サーバーが新規コンテキストを利用できるようにしなければなりません。
  1. 新規のコンテキストルートを定義するには、新しい値を持つ context-root 要素をアプリケーションの配備記述子に追加します。
    • Web アプリケーションのコンテキストアプリケーションを変更するには、context-root 要素をjboss-web.xml ファイルに追加します。

      例6.2 コンテキストルートを定義した jboss-web.xml 例

      <?xml version="1.0"?>
      <jboss-web>
         <context-root>/application-root</context-root>
      </jboss-web>
      localhost のアプリケーション用 URL アドレスは

      http://localhost:8080/application-root

      です。
    • サーブレットのコンテキストルートを変更するには、web.xml ファイルの url-pattern 要素を変更します。

      例6.3 コンテキストルートを定義した web.xml 例

      <?xml version="1.0"?>
      <servlet-mapping>
        <servlet-name>MapRenderer</servlet-name>
        <url-pattern>/servlet-root</url-pattern>
      </servlet-mapping>
      localhost のサーブレット用 URL アドレスは

      http://localhost:8080/application-root/servlet-root

      です。
  2. REWRITE_CONTEXT_CHECK 変数が false に設定されているサーバーを起動するには、run.sh -Dorg.apache.catalina.connector.Response.REWRITE_CONTEXT_CHECK=falseコマンドを実行します。