19.2.2. 外部ロードバランサーアーキテクチャー

HTTP ベースの JBoss サービスはクライアントによるダウンロードを必要としません。 クライアント (Web ブラウザーなど) は、 HTTP プロトコルを使用して直接要求を送信、あるいは 応答を受信します。 この場合、 外部ロードバランサーがすべての要求を処理し、 クラスター内複数のノードに要求を送信する必要があります。 クライアントはロードバランサーへの接続方法のみ認識している必要があります。 クライアントはロードバランサーへのコンタクト方法のみ理解する必要があり、 ロードバランサー背後の JBoss Enterprise Application Platform インスタンスについては認識しません。 ロードバランサーは論理的にはクラスターの一部ですが、クライアントや JBoss Enterprise Application Platform インスタンスと同じプロセスで実行されていないため、「外部」と呼ばれます。 ロードバランサーはソフトウェアかハードウェアに実装できます。 ハードウェアロードバランサーのベンダーは数多く存在します。 mod_jk Apache モジュールはソフトウェアロードバランサーの良い例です。 外部ロードバランサーはクラスター設定を理解する独自のメカニズムを実装し、 独自の負荷分散ポリシーやフェイルオーバーポリシーを提供します。 図19.3「クラスタリング用外部ロードバランサーアーキテクチャー」 は外部ロードバランサーのクラスタリングアーキテクチャーになります。
クラスタリング用外部ロードバランサーアーキテクチャー

図19.3 クラスタリング用外部ロードバランサーアーキテクチャー

外部ロードバランサーに伴う問題は、 ロードバランサー自体が単一点障害になり得ることです。 クラスターサービス全体が高可用性を維持するよう注意深く監視する必要があります。