22.4.3. The HASessionStateService サービスの設定

HASessionStateService Bean は $JBOSS_HOME/server/PROFILE/deploy/cluster/ha-legacy-jboss-beans.xmlファイルで定義されます。
 
<bean name="HASessionStateService"
      class="org.jboss.ha.hasessionstate.server.HASessionStateService">
  
  <annotation>@org.jboss.aop.microcontainer.aspects.jmx.JMX
  (name="jboss:service=HASessionState", 
  exposedInterface=org.jboss.ha.hasessionstate.server.
  HASessionStateServiceMBean.class, 
  registerDirectly=true)</annotation>
  
  <!--  Partition used for group RPCs -->
  <property name="HAPartition"><inject bean="HAPartition"/></property>
  
  <!-- JNDI name under which the service is bound -->
  <property name="jndiName">/HASessionState/Default</property>
  <!-- Max delay before cleaning unreclaimed state.
       Defaults to 30*60*1000 => 30 minutes -->
  <property name="beanCleaningDelay">0</property>
   
</bean>
HASessionStateService Bean の設定属性は次の通りです。
  • HAPartition は HA-JNDI がクラスター内の通信に使用する HAPartition サービスを挿入する必須属性です。
  • JndiName は、 この HASessionStateService サービスがバインドされる JNDI 名を指定するオプションの属性です。 デフォルト値は /HAPartition/Default になります。
  • BeanCleaningDelay はオプションの属性で、 指定された時間 (ミリ秒単位) が経過した後に HASessionStateService が変更されていないステートを消去します。 Bean を所有するノードがクラッシュすると、 その兄弟ノードがこの Bean を所有することになります。 兄弟ノードのコンテナキャッシュはそれを認識しないため、 Bean の消去設定に基づいて消去することはできません。 そのため、 HASessionStateService が時々クリーンアップを行う必要があります。 デフォルト値は 30*60*1000 ミリ秒 (30 分) です。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。