16.7. 停止接続

JDBC プロトコルは接続が切断されていると自然な connectionErrorOccured() イベントを提供しません。 停止された接続や切断された接続のチェックをサポートするには、 複数のプラグインがあります。

16.7.1. 有効な接続チェック

最も簡単な形式は 「クイック」SQL ステートメントを実行するだけです:
<check-valid-connection-sql>select 1 from dual</check-valid-connection-sql>
これは、接続をアプリケーションに渡す前に行います。これに失敗した場合、 選択できる接続がなくなるまで他の接続が選択され、 選択できる接続がなくなった時点で新しい接続が作成されます。
より性能が高いと思われるチェックを実行するにはベンダー固有の機能を使用します。例えば、以下でOracle または MySQLの pingDatabase() を行います。
<valid-connection-checker-class-name/>