16.2. トランザクションスティッキネス

<track-connection-by-tx/> フラグを用いると、 プール (またはサブプール) からの同じ接続をトランザクション中に強制的に再利用することができます。

注記

これは「ローカル」トランザクションのみサポートされる動作となります。 JBoss Enterprise Application Platform 5 ではデフォルトでトランザクションスティッキネスが有効になっているため、この要素は廃止されました。 XA ユーザーは <interleaving/> 要素で明示的にインターリービングを有効にできます。