5.2.2. トランザクションサービスのロギング

Enterprise Platform に含まれるTransactionManagerService は、スタンドアローンの Transaction Service と違った形でロギングを処理します。特に、jbossjta-properties.xml にある com.arjuna.common.util.logger property の値をオーバーライドし、log4j_releveler ロガーを強制的に利用します。トランザクションコードの INFO レベルのメッセージは、DEBUG メッセージのような動作をします。そのため、フィルターレベルが DEBUG の場合、これらのメッセージはログファイルにのみ表示されます。その他のログメッセージはすべて通常通りの動作となっています。