B.3. カテゴリ出力のリダイレクト

1 つ以上のカテゴリのロギングレベルを上げる場合、出力を別のファイルにリダイレクトし検証を簡素化すると便利な場合が多くなっています。これを実行するには、appender-ref をカテゴリに追加します。

例B.4 appender-ref の追加

        <appender name="JSR77" class="org.apache.log4j.FileAppender">
  <param name="File" value="${jboss.server.home.dir}/log/jsr77.log"/>
  ...
</appender>

<!-- Limit the JSR77 categories -->
<category name="org.jboss.management" additivity="false">
  <priority value="DEBUG"></priority>
  <appender-ref ref="JSR77"></appender-ref>
</category>
			
			
			
			

org.jboss.management の出力はすべて、jsr77.log ファイルに移動します。additivity属性は、出力はルートのカテゴリアペンダまで移動し続けるかどうかを制御します。false の場合、出力はカテゴリが参照するアペンダまでしか行かないようになっています。