8.5.4. org.jboss.naming.JNDIView MBean

JNDIView MBean では、ユーザは JMX Agent View のインターフェースを使うことで JBoss サーバー内に存在しているように、JNDI 名前空間のツリーを参照することができます。JNDIView MBeanを使って JBoss JNDI 名前空間を参照するには、http インターフェースを使い JMX Agent View に接続します。これはデフォルト設定で、http://localhost:8080/jmx-console/となっています。このページでは、登録済みの MBean をドメイン別に分類し一覧になっているセクションが表示されます。図8.4「設定済みの JBoss MBeans を JMX Console で表示」で示すような表示になるはずです。
設定済みの JBoss MBeans を JMX Console で表示

図8.4 設定済みの JBoss MBeans を JMX Console で表示

JNDIView リンクを選択すると、 JNDIView MBean ビューに移動し、JNDIView MBean の操作一覧が表示されます。これは、図8.5「JNDIView MBean を JMX Console で表示」 で表示されているようなビューになるはずです。
JNDIView MBean を JMX Console で表示

図8.5 JNDIView MBean を JMX Console で表示

リスト操作により、シンプルなテキストビューを使い、JBoss サーバーのJNDI 名前空間を HTML ページとしてダンプします。例としてリスト操作を呼び出すことで、図8.6「JNDIView のリスト操作出力をJMX Console で表示」で示されているようなビューが生成されます。
JNDIView のリスト操作出力をJMX Console で表示

図8.6 JNDIView のリスト操作出力をJMX Console で表示


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。