第4章 自動登録および管理の設定

Red Hat Subscription Management へのリモートホスト設定の自動登録を有効にするには、Remote Host Configuration and Management の認証情報をダウンロード後に ISO に埋め込みます。

前提条件

  • Red Hat Hybrid Cloud Console アカウントを所有している。
  • RHEL サブスクリプションの Remote Host Configuration and Management 組織 ID とアクティベーションキーがある。アカウントの組織管理者アクセス権がある場合は、アクティベーションキー ページでアクティベーションキーを設定できます。
  • Podman をインストールして実行している。

手順

  1. ホストで作業ディレクトリーを作成し、そのディレクトリーに移動します。この例では、ディレクトリー名 myisodir を使用します。

    $ mkdir myisodir
    $ cd myisodir
  2. 作成した ISO イメージをダウンロードします。

    1. コンソールで、Red Hat Insights > RHEL > Inventory > Images をクリックします。
    2. Immutable (OSTree) タブで、ダウンロードするイメージの More options アイコン (⋮) をクリックし、Download をクリックします。
  3. 作成した myisodir ディレクトリーに ISO をコピーします。
  4. ISO の名前を fleet_source.iso に変更します。この例では、mydownloaded.iso はダウンロードした ISO の名前の例です。

    $ mv mydownloaded.iso fleet_source.iso
  5. テキストエディターを使用して、fleet_rhc_vars という名前の作業ディレクトリーにプレーンテキストファイルを作成します。
  6. 次の例を貼り付けて、YOUR_RHC_ORG_ID および YOUR_RHC_ACTIVATION_KEY を、ご自身の認証情報に置き換えます。アカウントの組織管理者に連絡するか、アクティベーションキー ページをチェックして認証情報を確認してください。

    RHC_ORGID=YOUR_RHC_ORG_ID
    RHC_ACTIVATION_KEY=YOUR_RHC_ACTIVATION_KEY
    RHC_FIRSTBOOT=true
  7. Podman を使用して、Fleet Utility アプリコンテナーをプルします。

    $ podman pull quay.io/fleet-management/fleet-iso-util:latest
  8. Podman でフリートユーティリティーツールを実行して、RHC 認証情報が埋め込まれた新しい ISO を作成します。/full/path/to/myisodirmyisodir ディレクトリーへのフルパスに置き換えます。myisodir ディレクトリーのターミナルで pwd コマンドを入力して、myisodir ディレクトリーへのフルパスを取得します。

    $ podman run -it --rm -v /full/path/to/myisodir:/isodir:z quay.io/fleet-management/fleet-iso-util:latest
  9. 新しい ISO fleet_out.iso を、USB ドライブなどのデプロイメントプロセスで使用される場所にコピーします。たとえば、libvirt とデフォルトのイメージディレクトリー設定を使用する場合は、ISO を /var/lib/libvirt/images に移動します。
  10. 新しい ISO を使用して、RHEL for Edge をデバイスにインストールします。
  11. イメージの作成時に指定した SSH ユーザー名と鍵を使用してシステムにログインします。

    $ ssh username@ipaddress -i /path/to/private_key
  12. 登録を確認するには、次のコマンドを実行します。

    $ rhc status

    出力例

    Connection status for localhost.localdomain:
    - Connected to Red Hat Subscription Management
    - The Remote Host Configuration and Management daemon is active
    
    Manage your Remote Host Configuration and Management systems: https://red.ht/connector

  13. Red Hat Hybrid Cloud Console プラットフォームに新しいシステムが登録されたことを確認します。Edge Management > Inventory > Systems をクリックします。
  14. (オプション) 開発中またはテスト中にシステムをより認識しやすくするために、fleet_rhc_vars ファイルに接頭辞を追加すると、インストール時に Insights の表示名に追加されます。それ以外の場合、システムのホスト名が localhost.localdomain の場合は、自動登録プロセスが Insights の表示名のみを subscription-managerID に設定します。

    RHC_ORGID=YOUR_RHC_ORG_ID
    RHC_ACTIVATION_KEY=YOUR_RHC_ACTIVATION_KEY
    DISPLAY_NAME_PREFIX=myprefix-
注記

RHEL for Edge デバイスを登録すると、非アクティブ状態が一定期間続いた後でも、デバイスは自動的に削除されません。Red Hat Hybrid Cloud Console から登録を解除して削除する場合は、デバイスを登録解除して削除する必要があります。デバイスの登録を解除するには、Red Hat Hybrid Cloud Console に移動して Red Hat Insights > Inventory をクリックし、Edge デバイスを見つけて選択し、Delete をクリックします。