Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第2章 Cost Management の設定

Cost Management の使用を開始する前に、これらのタスクを完了して Cost Management アプリケーションを適切に設定する必要があります。

2.1. ソースへの Cost Management の追加

ソースとは、Open Shift Container Platform のデプロイメントや、クラウドインフラストラクチャーのプロバイダーなど、監視対象となる Cost Management に接続されているプロバイダーアカウントのことです。Cost Management を使用してクラウドコストを監視するには、まずデータソースを Cost Management アプリケーションに接続する必要があります。

現時点で、Cost Management は Amazon Web Services (AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud、および Red Hat OpenShift Container Platform ソースのコストを追跡できます。

https://console.redhat.com/settings/sources から、Cost Management に接続されているソースの表示、編集、および削除ができます。

ソースを Cost Management に追加する方法は、以下のガイドを参照してください。