2.3. コストの正確な報告のためのコストモデルの設定

コストと使用状況のデータを Cost Management に収集するようにソースを設定したら、コストモデルを設定して価格をメトリックと使用状況に関連付け、クラウドを実行するコストを微調整できます。

コストモデルは、原価とメトリクスを使用して、Cost Management に保存されているコストの計算を定義するために使用されるフレームワークです。コストモデルが生成するコストは、記録、分類、および特定の顧客、ビジネスユニット、またはプロジェクトに配布できます。

Cost Management の コストモデル エリアから、以下のことができます。

  • インフラストラクチャーコストまたは補足コストとしてコストを分類します。
  • OpenShift ノードおよびクラスターの月額コストを取得します。
  • 追加のサポートコストを考慮して利潤を適用します。
  • コストモデルを設定する方法の詳細は、Using cost models を参照してください。