第1章 Cost Management への Microsoft Azure ソースの追加

Microsoft Azure のアカウントで、Cost Management のアクセスを許可するように設定します。

Azure アカウントを Cost Management ソースとして設定するには、以下が必要です。

  1. ストレージアカウントおよびリソースグループの作成
  2. ストレージアカウントのコントリビューターとリーダーロールのアクセスの設定
  3. 日次コストエクスポートのスケジューリング
注記

Red Hat 以外の製品およびドキュメントは、予告なしに変更される可能性がありますが、本書は、サードパーティーソースの一般的な手順を記載しており、その内容は公開時点で正確です。最新の正確な情報については、Microsoft Azure ドキュメントを参照してください。

https://cloud.redhat.com/settings/sources/ から Azure ソースを Cost Management に追加します。

1.1. Azure リソースグループおよびストレージアカウントの作成

コストエクスポートデータは、リソースグループ内に存在するストレージアカウントに書き込まれます。Azure のコストデータを読み込むためには、Cost Management からリソースグループにアクセスできる必要があります。

Cost Management で収集するコストデータおよびメトリックを格納するための新しいストレージアカウントを Azure に作成します。これにはリソースグループが必要です。Red Hat では、このストレージアカウント専用のリソースグループを作成することを推奨しています。

注記

Cost Management にソースを追加する前に、ソース管理者の権限を持つ Red Hat アカウントのユーザーが必要です。

  1. Red Hat Hybrid Cloud Console から Sources メニュー(https://console.redhat.com/settings/sources)を開き、Azure ソースをコスト管理への追加を開始します。

    1. Sources に移動し、Add a source をクリックして Sources ウィザードを開きます。
    2. ソースの名前を入力し、Next をクリックします。
    3. アプリケーションとして cost management を、ソースタイプとして Microsoft Azure を選択します。Next をクリックします。
  2. Azure ドキュメントストレージアカウントの作成の手順で、Azure アカウントにリソースグループとストレージアカウントを作成します。

リソースグループとストレージアカウントをメモします。これらは、後続の手順で必要になります。

  1. Red Hat Hybrid Cloud Console Sources ウィザードで、Resource group name および Storage account name を入力し、Next をクリックします。