Cost Explorer によるコストの可視化

Cost Management Service 2022

Cost Explorer を使用したコストの可視化と理解

概要

このガイドでは、インタラクティブな Cost Explorer を使用した Cost Management の方法について説明します。

第1章 Cost Explorer の使用

Cost Management Cost Explorer では、時間軸でコストを確認することができます。Cost Explorer を使用すると、支出をフィルタリングして質問の答えを見つけたり、詳細を見たり、データの傾向を調べたりできます。

1.1. Cost Explorer について

Cost Management Cost Explorer を使用すると、最大 90 日分のコストと使用状況の情報を含むカスタムグラフを作成し、コストをさらに視覚化し、解釈することができます。

Cost Explorer を使用すると、以下を行うことができます。

  • 異常なイベントを特定する。
  • 時間の経過とともにコストデータがどのように変化するかを理解する。
  • コストと使用状況データのカスタムバーチャートを作成する。
  • カスタムコストデータファイルをエクスポートする。

図1.1 Cost Explorer のインターフェース

cost explorer

Cost Explorer チャートの 1 本のバーは、フィルターされたオプションに対応する 1 日分のコストおよび使用状況データを表します。最も重要な 5 つのメトリックスは個別に表示され、その他のメトリックスは Others カテゴリーに分類されます。コストおよび使用状況データのフィルタリングに関する詳しい情報は、「Cost Explorer を使用したコストデータのフィルタリング」を参照してください。

1.2. Cost Explorer を使用したコストデータのフィルタリング

Cost Explorer でフィルターオプションを使用して、表示するデータをカスタマイズできます。

この例では、過去 90 日間の Open Shift Container Platform プロジェクトに関連するコストを確認する方法を示しています。

前提条件

手順

  1. Cost Explorer から Perspective を選択します。例えば、All Open Shift Cost を選択すると、OpenShift の累積コストが表示されます。
  2. グループ化を選択します。例えば、OpenShift Container Platform では、ProjectNodeClusterTag でグループ化できます。他のパースペクティブビューでは、Group by オプションが随時変更されます。
  3. 必要に応じて、1 つまたは複数の ProjectsNodesClusters、または Tag を名前で指定します。
  4. Last 90 days を選択して、過去 90 日間のコストデータを表示します。
  5. これらのステップを他のパースペクティブやグループ分けで繰り返すことで、コストをより深く理解することができます。

次のステップ

データをフィルターリングした後、CSV ファイルにエクスポートすることができます。詳細は、「コストデータのエクスポート」を参照してください。

1.3. コストデータのエクスポート

Cost Explorer を使用して、カスタマイズされたコストデータの CSV ファイルをローカルワークステーションにエクスポートします。これらのファイルには、必要なレポートツールに適用できるコストデータの詳細情報が含まれます。

前提条件

手順

  1. Cost Explorer アプリケーションに移動します。
  2. Cost Explorer のフィルターオプションを使用して、必要な情報を作成します。
  3. Cost Explorer グラフの下に表示される一覧で、エクスポートする項目を選択します。
  4. export icon Export ボタンをクリックします。
  5. 生成してダウンロード をクリックします。

    CSV ファイルがローカルシステムにダウンロードされます。