2.2. OpenShift Container Platform クラスターのコストモデルの作成

OpenShift Container Platform インテグレーションからのメトリクスとインベントリーにはコストが関連付けられていないため、コストモデルを作成して価格をリソースに関連付ける必要があります。

OpenShift インテグレーションのコストモデルの作成には、CPUメモリーノードクラスターストレージ、または 永続ボリューム要求 メトリクスを使用して使用量とリクエストに価格を割り当てること、および OpenShift インフラストラクチャーの総コストを決定するための利潤または割引を適用することが含まれます。また、タグを使用して、各種ストレージなど、インフラストラクチャーの特定部分のコストを測定して、個々の要件をより細かく管理することもできます。Cost Management のタグ付けに関する詳細は、タグ付けを使用したコストデータの管理 を参照してください。

以下の例は、クラウドインフラストラクチャー (AWS または Azure など) で OpenShift Container Platform クラスターのコストモデルを設計し、適用する方法を示しています。Cost Management では、クラウドインフラストラクチャーのコストはクラスターコストの一部として表示されるので、コストモデルを作成すると、基盤となるインフラストラクチャーコストを分散して、クラスターの稼働コストを正確に反映できます。

注記

コストモデルの作成、編集、または削除は、当月の 1 日からの計算のみを更新します。

前提条件

手順

  1. cost management から、Cost ManagementSettings をクリックします。
  2. Cost models タブで Create cost model をクリックし、コストモデルウィザードを開きます。
  3. コストモデルの名前と説明を入力し、コストモデルを適用するインテグレーションタイプとして OpenShift Container Platform を選択します。Next をクリックします。
  4. 価格リストを作成して、使用率またはリクエストにレートを割り当てることができます。Cost Management サービスは、OpenShift からこれらのメトリクスを収集しますが、コストモデルを適用するまで Cost Management にアタッチされたコストはありません。価格リストを後で作成することもできます。

    1. $1,000 の月額ノードコストを適用するには、以下を実行します。

      1. Create rate をクリックします。
      2. Metric には、Node を選択します。
      3. Measurement には、Count(node-month) を選択します。
      4. Cost Management サービスは、デフォルトでノードとクラスターのコストを インフラストラクチャーコスト として分類します。計算するコストタイプを変更するには、Calculation type で選択します。詳細は、「コストレイヤー」 を参照してください。
      5. Rate フィールドに 1000 と入力して、選択したインテグレーション内の各ノードに価格あたり 1,000 ドルを割り当てます (後の手順で)。
      6. Create rate をクリックしてノードレートを保存します。
    2. CPU 要求にレートを適用するには、以下を実行します。

      1. Create rate をクリックします。
      2. Metric には、CPU を選択します。
      3. Measurement には、Request (core-hours) を選択します。
      4. Cost Management サービスは、デフォルトで CPU 要求などのメトリクスベースのデータを 補足コスト として分類します。計算するコストタイプを変更するには、Calculation type で選択します。詳細は、「コストレイヤー」 を参照してください。
      5. Rate フィールドに 0.09 を入力し、CPU 要求のコア時間ごとに $0.09 コストを適用します。
      6. Create rate をクリックして CPU 要求レートを保存します。
    3. タグベースのレートを永続ボリューム要求に適用するには、以下を実行します。

      1. Create rate をクリックします。
      2. Metric で、Persistent Volume Claim を選択します。
      3. Measurement には、Count(pvc-month) を選択します。
      4. Cost Management サービスは、永続ボリューム要求レートを、デフォルトで インフラストラクチャーコスト として分類します。計算するコストタイプを変更するには、Calculation type で選択します。詳細は、「コストレイヤー」 を参照してください。
      5. Enter rate by tag を選択します。
      6. Filter by tag key フィールドにタグキーを入力します。
      7. Tag valueRate を入力します。Default を選択して、そのタグキーのデフォルトとしてレートを指定できます。

        注記
        • デフォルトのレートを指定すると、対応するタグキーに対して未定義のタグ値すべてに、そのレートが適用されます。デフォルトのレートを適用しないタグ値には、レート 0 を入力できます。
      8. Add more tag values をクリックして、必要な数だけタグ値を追加します。
      9. Create rate をクリックして永続ボリューム要求のレートを保存します。
    4. 前の手順を繰り返して別のレートを追加するか、Next をクリックして価格リストの設定を完了します。
  5. 必要に応じて利潤または割引を設定します。リソースのベースコストに 10% の利潤を適用するには、Markup rate10 と入力して Next をクリックします。

    注記
    • 利潤ではなく割引を適用するには、その値にマイナス記号を追加して入力します (例: -15)。
    • 利潤または割引を適用しない場合は、0 を入力します。
  6. Cost distribution ページで、CPU または Memory の配分タイプを選択します。配分タイプとは、プロジェクトコストの内訳のことで、CPU またはメモリーメトリクスに基づいてコストを配分します。クラスターのメモリー使用量が多い場合は、Memory を選択します。クラスターの CPU 使用量が多い場合は、CPU を選択します。
  7. Cost distribution ページで、Platform または Worker unallocated コストをプロジェクトに配分するかどうかを選択し、Next をクリックします。
  8. コストモデルを割り当てる 1 つまたは複数の OpenShift インテグレーションを選択し、Next をクリックします。すでに割り当てられているコストモデルとのインテグレーションを選択すると、以前のコストモデルがオーバーライドされます。後でインテグレーションをコストモデルに割り当てることもできます。
  9. コストモデルの詳細を確認し、Create をクリックします。
  10. Close をクリックして、コストモデルウィザードを終了します。

新しいコストモデルは、Cost models ページのリストに表示されます。

次のステップ

  • Cost models 概要ページから、以下を含むコストモデルに関する情報を確認できます。

    • コストモデルが作成されたインテグレーションタイプ
    • コストモデルに割り当てられたインテグレーションの数
    • コストモデルが最後に変更された日付
  • 詳細情報の表示、コストモデルの割り当てまたは編集を行うには、以下を実行します。

    • Cost models summary ページで、コストモデル名をクリックすると詳細ページが表示され、インテグレーションの割り当て、価格リスト、利潤、その他の設定を含むコストモデルを編集できます。
  • コストモデルを削除するには、以下を行います。

    • Cost models 概要ページから、More options More options icon をクリックし、Delete をクリックします。
  • タグおよびタグ付けストラテジーを確認し、コストが正しいリソース、コストセンター、またはチームに分散されていることを確認します。詳細は、タグ付けを使用したコストデータの管理 を参照してください。