1.3. コストモデルのワークフロー

次の図は、Cost Management がメトリクスとインベントリーに価格を適用し、さまざまなインテグレーションからのコストデータを正規化し、利潤 (または割引) を適用してから、関連するリソースにコストを配分するために使用するコストモデルワークフローを示しています。

コストモデルは、原価を Cost Management で使用されるコストと区別するのにも役立ちます。

Diagram described by the following paragraph

  1. Cost Management は、いくつかのインテグレーションからコストデータを収集します。

    • インベントリー - 統合でこれまでに実行されたすべてのリソース (使用されなくなったリソースも含む)。たとえば、OpenShift Container Platform 環境に使用されていないノードが含まれている場合でも、そのノードの料金は月額 $x です。インベントリーデータを Cost management に収集する方法はいくつかあります。Cost management では、AWS データエクスポート、Azure または Google Cloud エクスポート、または OpenShift Metering Operator レポートからインベントリーを生成できます。
    • メトリクスス: 各リソースの使用率と消費を表示する OpenShift インベントリーのサブセット。
    • クラウドの Raw コスト: AWS、Azure、および Google Cloud は、リソース消費とそのコスト (Cost Management が計算に使用する Cost Management のリスト) への定期的なレポートを提供します。その結果、クラウドインテグレーションにはカスタム価格リストを設定する必要はありません。
  2. コストモデル を使用すると、選択した利潤または割引を適用して、他のコストとオーバーヘッドを考慮することができ、コストレイヤー (インフラストラクチャーまたは補足) をコストに割り当てるためのオプションが提供されます。

    1. OpenShift Container Platform インテグレーションの場合 - メトリクスとインベントリーデータには使用量に割り当てられた価格がないため、価格リスト を作成してインテグレーションに割り当て、これらのリソースの 使用コスト を決定する必要があります。価格リストには、ストレージ、メモリー、CPU 使用率と要求、およびクラスターとノードの料金が含まれています。
    2. AWS、Azure、Google Cloud のインテグレーションの場合 - これらのインテグレーションのコストモデルを作成して、利潤 率またはマイナスのパーセンテージを適用して割引を計算することで、環境内の追加コストまたはオーバーヘッドを考慮することができます。
  3. インテグレーションによるコストはまとめて収集され、インフラストラクチャーコスト補足コスト として割り当てられます。
  4. その後、コストは環境全体でリソースに 分散 されます。組織によっては、これらのリソースには、OpenShift プロジェクト、ノード、またはクラスター、およびクラウドインテグレーションサービスまたはアカウントが含まれる場合があります。また、タグ付けを使用して、組織内のチーム、プロジェクト、またはグループ別にコストを分散することもできます。
注記

Cost Management のタグ付けの設定に関する詳細は、タグ付けを使用したコストデータの管理 を参照してください。