第2章 コストモデルの設定

Cost Management で要件に合わせてコストモデルを設定します。

2.1. クラウドインテグレーションへの利潤または割引の適用

AWS、Azure、または Google Cloud コストモデルを作成して、クラウドインフラストラクチャーのコストに利潤または割引を適用します。

クラウドインフラストラクチャーインテグレーション (AWS、Azure、または Google Cloud) では、価格がすでに割り当てられた状態でコストと使用状況のデータが Cost Management に収集されるため、コストを正確に反映するには、(必要に応じて) 利潤または割引を割り当てるだけで済みます。

原価 に利潤を追加すると、AWS アカウント、Azure サブスクリプション、またはその他のサポートコストの管理コストなど、オーバーヘッドコストを考慮することができます。利潤は、メトリクスまたは使用状況で表示されないコストを補填する推定値です。

この例は、AWS Cost and Usage Report から収集される情報に 10% の利潤を追加する方法を示しています。Azure または Google Cloud のコストに利潤または割引を適用する場合にも同じ方法を使用できます。

注記

コストモデルの作成、編集、または削除は、当月の 1 日からの計算のみを更新します。

前提条件

手順

  1. cost management から、Cost ManagementSettings をクリックします。
  2. Cost models タブで Create cost model をクリックし、コストモデルウィザードを開きます。
  3. コストモデルの名前と説明を入力し、コストモデルを適用するインテグレーションタイプとして Amazon Web Services (AWS) を選択します。Next をクリックします。
  4. リソースのベースコストに 10% の利潤を適用するには、Markup rate10 と入力して Next をクリックします。

    注記
    • 利潤ではなく割引を適用するには、その値にマイナス記号を追加して入力します (例: -15)。
    • 利潤または割引を適用しない場合は、0 を入力します。
  5. コストモデルを割り当てる 1 つまたは複数の AWS インテグレーションを選択し、Next をクリックします。すでに割り当てられているコストモデルとのインテグレーションを選択すると、以前のコストモデルがオーバーライドされます。後でインテグレーションをコストモデルに割り当てることもできます。
  6. コストモデルの詳細を確認し、Create をクリックします。
  7. Close をクリックして、コストモデルウィザードを終了します。

新しいコストモデルは、Cost models ページのリストに表示されます。

次のステップ

  • Cost models 概要ページから、以下を含むコストモデルに関する情報を確認できます。

    • コストモデルが作成されたインテグレーションタイプ
    • コストモデルに割り当てられたインテグレーションの数
    • コストモデルが最後に変更された日付
  • 詳細情報の表示、コストモデルの割り当てまたは編集を行うには、以下を実行します。

    • Cost models summary ページで、コストモデル名をクリックすると詳細ページが表示され、インテグレーションの割り当て、利潤、その他の設定を含むコストモデルを編集できます。
  • コストモデルを削除するには、以下を行います。

    • Cost models 概要ページから、More options More options icon をクリックし、Delete をクリックします。
  • タグおよびタグ付けストラテジーを確認し、コストが正しいリソース、コストセンター、またはチームに分散されていることを確認します。詳細は、タグ付けを使用したコストデータの管理 を参照してください。