Cost Management の新機能

Cost Management Service 1-latest

新しい機能および更新について

Red Hat Customer Content Services

概要

Cost Management における重要な更新と機能について説明します。Cost Management は、Red Hat Insights ポートフォリオサービスの一部になります。高度な分析ツールである Red Hat Insights スイートは、運用、セキュリティー、およびビジネスへの影響を特定して優先順位を付けるのに役立ちます。

はじめに

以下の更新では、コスト管理の最新機能と改善点が強調されています。Red Hat Insights の他の部分における新機能は、Red Hat Insights リリースノート を参照してください。

第1章 2024 年 4 月

1.1. タグのマッピング

類似または関連する意味を持つものをマッピングして、タグを統合できるようになりました。この機能により、リソースを分類および追跡する方法をより柔軟に制御できます。タグマッピングは複雑さを軽減し、正確なレポートおよび分析を行い、リソース全体の整合性を強化します。

たとえば、異なるプラットフォームでの環境支出を、それぞれ命名規則で追跡しているとします。

プラットフォーム:

  • GCP
  • OpenShift
  • AWS

キーと値のバリエーション:

  • env
  • environment
  • 環境

タグマッピング機能を使用すると、これらのキー値を、環境 など、1 つの予想されるキーでシームレスに変換し、支出の追跡で一貫性を保つことができます。

タグマッピングの詳細は、タグマッピング の有効化と作成 を 参照してください。

第2章 2024 年 3 月

2.1. IBM Power、IBM Z、および ARM サポート

Cost Management Metrics Operator は、IBM Power (ppc64le)、IBM Z (s390x)、および ARM アーキテクチャーでサポートされるようになりました。Z 上の OpenShift のコスト管理は、IFL に対応していません。

第3章 2023 年 10 月

3.1. 設定の変更

Cost Management 設定の更新方法に影響を及ぼすいくつかの変更を UI に加えました。以前は、Red Hat Hybrid Cloud Console 設定ページで設定を更新しました。現在、Cost Management には独自の 設定ページ があります。

3.1.1. Cost Management の設定

Red Hat Hybrid Cloud Console のいくつかの異なる場所からCost Management を設定できます。

Red Hat Hybrid Cloud ConsoleSettings から、以下を設定できます。

  • クラウドインテグレーションの追加と編集
  • 通知

Identity & Access Management 設定から、以下を設定できます。

  • ユーザーアクセス
  • 認証ポリシー

cost management settings から、以下を設定できます。

  • タグとラベルの有効化、グループ化、フィルタリング
  • AWS コストカテゴリーの有効化
  • 優先通貨の計算
  • AWS の優先節約プランまたはサブスクリプション料金の計算

法律上の通知

Copyright © 2024 Red Hat, Inc.
The text of and illustrations in this document are licensed by Red Hat under a Creative Commons Attribution–Share Alike 3.0 Unported license ("CC-BY-SA"). An explanation of CC-BY-SA is available at http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/. In accordance with CC-BY-SA, if you distribute this document or an adaptation of it, you must provide the URL for the original version.
Red Hat, as the licensor of this document, waives the right to enforce, and agrees not to assert, Section 4d of CC-BY-SA to the fullest extent permitted by applicable law.
Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Shadowman logo, the Red Hat logo, JBoss, OpenShift, Fedora, the Infinity logo, and RHCE are trademarks of Red Hat, Inc., registered in the United States and other countries.
Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the United States and other countries.
Java® is a registered trademark of Oracle and/or its affiliates.
XFS® is a trademark of Silicon Graphics International Corp. or its subsidiaries in the United States and/or other countries.
MySQL® is a registered trademark of MySQL AB in the United States, the European Union and other countries.
Node.js® is an official trademark of Joyent. Red Hat is not formally related to or endorsed by the official Joyent Node.js open source or commercial project.
The OpenStack® Word Mark and OpenStack logo are either registered trademarks/service marks or trademarks/service marks of the OpenStack Foundation, in the United States and other countries and are used with the OpenStack Foundation's permission. We are not affiliated with, endorsed or sponsored by the OpenStack Foundation, or the OpenStack community.
All other trademarks are the property of their respective owners.