11.4.5. Object Storage Service をイメージの保管に使用する方法

デフォルトでは、Image Service はストレージバックエンドにローカルファイルシステム (file) を使用しますが、アップロードしたディスクイメージを保管するには、次にあげるいずれかのストレージバックエンドを使用することができます。
  • file: イメージサーバーのローカルファイルシステム (/var/lib/glance/images/ ディレクトリ)
  • swift: OpenStack Object Storage Service

注記

以下の設定手順では、openstack-config コマンドを使用します。ただし、/etc/glance/glance-api.conf ファイルは、手動で更新することも可能です。このファイルを手動で更新する場合には、次のように行います。
  1. default_store パラメーターが正しいバックエンドに設定されていることを確認します (例: 'default_store=rbd')。
  2. バックエンドのセクションのパラメーターを更新します (例: 'RBD Store Options' のセクション)。
Object Storage Service を使用するように設定を変更するには、以下のステップを root ユーザーとして実行します。
  1. default_store 設定キーを swift に設定します。
    #openstack-config --set /etc/glance/glance-api.conf \DEFAULT default_store swift
  2. swift_store_auth_address 設定キーを Identity Service のパブリックエンドポイントに設定します。
    #openstack-config --set /etc/glance/glance-api.conf \DEFAULT swift_store_auth_address http://IP:5000/v2.0/
  3. Object Storage Service サービスでイメージを保管するコンテナーを追加します。
    #openstack-config --set /etc/glance/glance-api.conf \ DEFAULT swift_store_create_container_on_put True
  4. swift_store_user 設定キーに、認証に使用するテナントとユーザーが含まれるように設定します。TENANT:USER: の形式を使用します。
    • 本ガイドの手順にしたがって Object Storage をデプロイする場合には、上記の値をそれぞれ services テナントと swift ユーザーに置き換えてください。
    • 本ガイドの手順にはしたがわずに Object Storage をデプロイする場合には、上記の値はその環境の適切な Object Storage テナントとユーザーに置き換える必要があります。
    #openstack-config --set /etc/glance/glance-api.conf \DEFAULT swift_store_user services:swift
  5. swift_store_key 設定キーを認証に使用するユーザーのパスワード (Object Storage Service のデプロイ時に swift ユーザー用に指定したパスワード) に設定します。
    #openstack-config --set /etc/glance/glance-api.conf \DEFAULT swift_store_key PASSWORD