Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 4

スタートガイド

Red Hat Enterprise Linux OpenStack のスタートガイド

2013 年 12 月 18 日

Bruce Reeler

Deepti Navale

Steve Gordon

Summer Long

法律上の通知

Copyright © 2012, 2013 Red Hat, Inc.
This document is licensed by Red Hat under the Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License. If you distribute this document, or a modified version of it, you must provide attribution to Red Hat, Inc. and provide a link to the original. If the document is modified, all Red Hat trademarks must be removed.
Red Hat, as the licensor of this document, waives the right to enforce, and agrees not to assert, Section 4d of CC-BY-SA to the fullest extent permitted by applicable law.
Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Shadowman logo, JBoss, MetaMatrix, Fedora, the Infinity Logo, and RHCE are trademarks of Red Hat, Inc., registered in the United States and other countries.
Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the United States and other countries.
Java® is a registered trademark of Oracle and/or its affiliates.
XFS® is a trademark of Silicon Graphics International Corp. or its subsidiaries in the United States and/or other countries.
MySQL® is a registered trademark of MySQL AB in the United States, the European Union and other countries.
Node.js® is an official trademark of Joyent. Red Hat Software Collections is not formally related to or endorsed by the official Joyent Node.js open source or commercial project.
The OpenStack® Word Mark and OpenStack Logo are either registered trademarks/service marks or trademarks/service marks of the OpenStack Foundation, in the United States and other countries and are used with the OpenStack Foundation's permission. We are not affiliated with, endorsed or sponsored by the OpenStack Foundation, or the OpenStack community.
All other trademarks are the property of their respective owners.

概要

本マニュアルは、OpenStack Havana を使用するにあたり基本的なタスクについて説明しています。
前書き
1. 本書の表記規則
1.1. 書体の表記規則
1.2. 引用文の表記規則
1.3. 注記および警告
2. ヘルプの取得とフィードバックの提出
2.1. ヘルプが必要ですか?
2.2. フィードバックをお願いします
I. はじめに
1. 製品の概要
1.1. 概要
1.2. アーキテクチャー
1.3. PackStack デプロイメントユーティリティ
1.4. OpenStack サービスの詳細
1.4.1. Dashboard Service
1.4.2. Identity Service
1.4.3. OpenStack Networking Service
1.4.4. Block Storage Service
1.4.5. Compute Service
1.4.6. Image Service
1.4.7. Object Storage Service
1.4.8. Metering
1.4.9. Orchestration
1.5. その他のドキュメント
2. 製品要件
2.1. ソフトウェア要件
2.1.1. オペレーティングシステムの要件
2.1.2. ソフトウェアレポジトリの設定
2.1.3. NetworkManager の無効化
2.2. ハードウェア要件
2.2.1. 単一ノード ("All in One") デプロイメント
2.2.2. 1 つ以上のコンピュートノードでのクラウドコントローラーのデプロイメント
2.2.3. ストレージの設定
II. PackStack を用いた OpenStack のデプロイ
3. デプロイするコンポーネントの選択
4. PackStack のインストール
5. PackStack の実行
5.1. PackStack を使用したクイックスタートデプロイメント
5.2. 対話式での PackStack の実行
5.3. 非対話式での PackStack の実行
5.3.1. PackStack の回答ファイルの作成
5.3.2. PackStack 回答ファイルの編集
5.3.3. 回答ファイルを使用した PackStack の実行
6. PackStack およびパスワード
6.1. パスワードの場所
6.2. パスワード変更のコマンド
III. OpenStack の使用
7. ダッシュボードでの OpenStack の使用
7.1. ダッシュボードへのアクセス
7.2. ディスクイメージのアップロード
7.3. キーペアの作成
7.4. ネットワークの作成
7.5. インスタンスの起動
7.6. ボリュームの作成
7.7. ボリュームの接続
7.8. インスタンスのスナップショットの作成
7.9. セキュリティグループへのルールの追加
7.10. Floating IP アドレスの追加
7.11. ルーターの作成
7.12. インスタンスの状態の制御 (Pause、Suspend、Reboot)
7.13. インスタンスの削除
8. コマンドラインインターフェースでの OpenStack の使用
8.1. ディスクイメージのアップロード
8.2. キーペアの作成または追加
8.3. Compute インスタンスの起動
8.4. ボリュームの作成
8.5. ボリュームの接続
8.6. 実行中のインスタンスからボリュームへのアクセス
8.7. インスタンスのスナップショットの作成
8.8. Compute ネットワークの使用
8.8.1. ネットワークの作成
8.8.2. セキュリティグループへのルールの追加
8.8.3. Floating IP アドレスの追加
8.9. OpenStack Networking の使用
8.9.1. ネットワークの作成
8.9.2. ルーターの作成
8.9.3. セキュリティグループへのルールの追加
8.9.4. Floating IP アドレスプールの定義
8.9.5. Floating IP アドレスの割り当て
8.10. インスタンスの状態の制御 (休止、再開、リブート、終了)
8.11. インスタンスの削除
IV. OpenStack PackStack デプロイメントの監視
9. Nagios を使用した OpenStack の監視
9.1. Nagios ダッシュボードへのアクセス
9.2. Nagios のデフォルト設定
9.3. Nagios の起動、停止、再起動
10. サービスログファイル
10.1. Block Storage Service のログファイル
10.2. Compute Service のログファイル
10.3. ダッシュボードのログファイル
10.4. Identity Service のログファイル
10.5. Image Service のログファイル
10.6. Monitoring Service のログファイル
10.7. OpenStack Networking Service のログファイル
10.8. OpenStack Metering
10.9. OpenStack Orchestration
A. PackStack デプロイメントの削除
A.1. OpenStack、アプリケーションデータ、全パッケージの完全削除
A.2. OpenStack 固有のアプリケーションデータおよびパッケージのみの削除
B. 改訂履歴