2.5. ファイルシステムのフォーマット

このセクションでは、Red Hat Enterprise Linux 6 と Red Hat Enterprise Linux 7 との間でなされたファイルシステムフォーマットのサポート変更の概要について説明しています。

2.5.1. 新デフォルトファイルシステム: XFS

XFS は非常に高パフォーマンスのスケーラブルなファイルシステムで、非常に過酷な用途で日常的に導入されています。Red Hat Enterprise Linux 7 では、XFS がデフォルトのファイルシステムとなっており、全アーキテクチャーでサポートされています。
Ext4 は XFS と同様のサイズほどには拡張しませんが、全アーキテクチャーで完全にサポートされており、引き続きアクティブな開発とサポートが行われます。
XFS に関する Red Hat サポート制限の詳細は、こちらから入手できます https://access.redhat.com/site/articles/rhel-limits
XFS ファイルシステムの使用および管理についての詳細情報は、『Red Hat Enterprise Linux 7 Storage Administration Guide』 を参照してください。こちらから入手できます http://access.redhat.com/site/documentation/Red_Hat_Enterprise_Linux/

2.5.1.1. マウントオプションの変更

ext3 や ext4 とは異なり、XFS ファイルシステムはデフォルトで user_xattr および acl マウントオプションを有効にしています。つまり、これらのオプションをコマンドラインもしくは /etc/fstab に含めると、以下のようなエラーが出ることになります。
$ mount -o acl /dev/loop0 test
mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/loop0,
       missing codepage or helper program, or other error
      
       In some cases useful info is found in syslog - try
       dmesg | tail or so.
ext3 および ext4 ファイルシステムは、デフォルトではこれらの属性を有効にせず、mount コマンドもしくは /etc/fstab でこれらをマウントする場合にこれらオプションを受け付けます。

2.5.2. Btrfs テクノロジープレビュー

Red Hat Enterprise Linux 7 ではテクノロジープレビューとして btrfs を導入しています。Btrfs は次世代 Linux ファイルシステムで、高度な管理、信頼性、およびスケーラビリティー機能を提供します。Btrfs はメタデータとともにファイルのチェックサム検証を提供します。また、スナップショットおよび圧縮機能、統合デバイス管理を提供します。
btrfs に関する Red Hat サポート制限の詳細は、こちらから入手できます https://access.redhat.com/site/articles/rhel-limits 。テクノロジープレビュー機能に関するサポートレベルについての詳細情報は、こちらを参照してください https://access.redhat.com/site/support/offerings/techpreview/
btrfs の使用および管理についての詳細情報は、『Red Hat Enterprise Linux 7 Storage Administration Guide』 を参照してください。こちらから入手できます http://access.redhat.com/site/documentation/Red_Hat_Enterprise_Linux/

2.5.2.1. btrfs のキックスタート

キックスタートファイルでは、システムでパーティションを作成するために、通常は以下のように part コマンドを --fstype とともに使用して特定のファイルシステムを使用したパーティションを作成します。
part /mnt/example --fstype=xfs
ただし、Red Hat Enterprise Linux 7.0 および 7.1, btrfs はファイルシステムタイプではなくデバイスタイプとして取り扱われます。したがって、btrfs--fstype パラメーターの有効な値ではありません。代わりに、以下のように btrfs コマンドを使用して btrfs ボリュームを定義します。
btrfs mount_point --data=level --metadata=level --label=label partitions

2.5.3. 拡張ファイルシステムのサポート

Red Hat Enterprise Linux 7 では、Ext2、Ext3、および Ext4 のサポートを提供する統一拡張ファイルシステムドライバーが導入されています。
ただし、Ext2 は Red Hat Enterprise Linux 7 では廃止予定とみなされており、可能であれば使用を避けてください。
これらのファイルシステムについての詳細情報は、『Red Hat Enterprise Linux 7 Storage Administration Guide』 を参照してください。こちらから入手できます http://access.redhat.com/site/documentation/Red_Hat_Enterprise_Linux/